秋の七草

(動植物)
あきのななくさ

山上憶良が万葉集で詠んだ歌から選ばれたとされる、七種の花。

  • 萩(はぎ)
  • 薄(すすき)
  • 桔梗(ききょう)
  • 撫子(なでしこ)
  • 葛(くず)
  • 藤袴(ふじばかま)
  • 女郎花(おみなえし)

の七種。
秋の七草は目で楽しむものとされています。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ