笠原和夫

(スポーツ)
かさはらかずお

プロ野球選手・監督。
左投左打、ポジションは外野手。背番号は22→4番。

1920年6月3日生まれ。大阪府出身。
市岡中学*1で1936年、1937年と2年連続で甲子園に出場。

卒業後、早稲田大学に進学し4番打者として早慶戦を沸かせた。
全大阪を経て1948年、南海ホークスに入団。

6番打者に定着、第1期黄金時代に大きく貢献した。

1954年、高橋ユニオンズに移籍。ユニオンズでは主将を務める。

1956年、高橋ユニオンズの選手兼任監督に就任。

同年、現役引退。

*1:現在の市岡高校。

笠原和夫

(映画)
かさはらかずお

映画脚本家。1927年東京生まれ。2002年没。
深作欣二監督『仁義なき戦い』シリーズ(第四部まで)の脚本ほかで知られる。
主に東映で、時代劇、やくざ映画の脚本を多数執筆。
脚本のため美能幸三のもとへ単身取材しにいったというエピソードがある。
代表作に『県警対組織暴力』、『二百三高地』、『大日本帝国』、『226』、『浪人街』ほか多数。
著書に『「妖しの民」と生まれきて』(ちくま文庫)、『昭和の劇』(太田出版)ほか。
野上龍雄との共同ペンネーム「笠上和雄」*1や、舛田利雄との共同ペンネーム「かさだとしお」などがある。

*1:『影同心II』など

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ