紀伊山地の霊場と参詣道

紀伊山地の霊場と参詣道

(地理)
きいさんちのれいじょうとさんけい

紀伊山地の霊場と参詣道は、世界遺産に認定された和歌山県と奈良県それに三重県にまたがる、寺院や参詣道などの総称。
2004年7月7日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。
対象となる霊場は、吉野山から大峰山一帯の「吉野・大峯」、和歌山県の「高野山」「熊野三山」の3カ所。ほかに吉野山と熊野(熊野本宮大社)を結ぶ山岳の修行道「大峯奥駈道おくがけみち」、各地から熊野に向かう熊野古道(「中辺路なかへち」、伊勢路など)を含む。

新着ブログ: 紀伊山地の霊場と参詣道