雄山神社

(地理)
おやまじんじゃ

富山県立山町芦峅寺にある。かつての立山中宮寺の中心施設であり、江戸時代には、大宮、若宮の権現両宮、講堂、閻魔堂、オンバ堂、帝釈堂、大門、仁王門、布橋などがあった。明治の廃仏毀釈によって取り壊されたものも多いが、現在、祈願殿、大宮・若宮を残している。
隣接して富山県立山博物館があり、立山の自然・歴史・文化に関する常設展示・特別展示を行っている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ