HAL9000

(コンピュータ)
はるきゅうせん

SF小説『2001年宇宙の旅』『2010年宇宙の旅』やそれを映画化した『2001年宇宙の旅』『2010年』などに登場する、人工知能を備えたコンピュータ。

映画版では1992年1月12日、小説版では1997年同日に誕生したとされている。

木星探査のための宇宙船ディスカバリー号に搭載され、船内すべての制御をおこなっていた。製作者はチャンドラー博士。同型機に SAL9000 がある。

HALはIBMを1文字づつずらして命名されたとする説が根強いが、劇中では "Heuristically programmed ALgorithmic computer" ということになっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ