SNRI

(サイエンス)
えすえぬあーるあい

Serotonin-Noradrenaline Reuptake Inhibitorの略。cf. SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)
セロトニンおよびノルアドレナリンの脳神経細胞への取り込みを阻害することにより、うつ病に効果があるとされる。
第4世代の抗うつ剤と言われており、効果が高く副作用も少ないとされる*1
日本では、トレドミン(旭化成ファーマ・ヤンセンファーマ)が第一号のSNRIとなった。
このほか、塩野義製薬が別成分のSNRIについて治験を続けてきたが、2010年4月に商品名「サインバルタ」として医薬品として発売開始され、日本でトレドミンに次ぐ2番目のSNRIとなった。
海外ではエフェクサー(ヴェンラファキシン)がある。

*1:これについて、海外国内ともにSSRI/SNRIでの興奮/暴力行為の発生が多数報告されている。
→参考: http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030701000438.html
→厚労省の文書(pdf): SSRI/SNRIと他害行為について - 厚生労働省

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ