Hatena::ブログ(Diary)

BEET POPS CLUB

2016-07-29

95回目の曲目

17:37

ホワイト・ブルース特集です。

f:id:hideaway_juju:20160729172823j:image

1. ロードハウス・ブルース・・・・ ドアーズ

2. イット・テイクス・タイム・・・ マイク・ブルームフィールド

3. オン・ザ・ロード・アゲイン・・・ キャンド・ヒート

4. ワンモア・ハートエイク・・・ バターフィールド・ブルースバンド

5. ハウ・マッチ・モア・・・ エルヴィン・ビショップ・グループ

6. ホームワーク・・・ Jガイルズ・バンド

7. オーキー・ドーキー・ストンプ・・・ ジョニー・ウインターとブライアン・セッツアー

8. ワンウェイ・アウト・・・ オールマン・ブラザーズ・バンド

9. ベルボトム・ブルース・・・ デレク・アンド・ドミノ

10. ラトルスネーク・シェイク・・・ フリートウッド・マック





1. ロードハウス・ブルース・・・・ ドアーズ


2. イット・テイクス・タイム・・・ マイク・ブルームフィールド

ライヴです。マイク・ブルームフィールドのギターです。歌はニック・グレヴナイツです。曲はオーテイス・ラッシュのコブラ時代の名曲です。


3. オン・ザ・ロード・アゲイン・・・ キャンド・ヒート

68年にメンフィス・ジャグ・バンドの曲「On The Road Again」が、69年にヘンリー・トーマスの曲「Going up the Country」が、70年にウィルバート・ハリスンの曲「Let's Work Together」がヒットしました。

4. ワンモア・ハートエイク・・・ バターフィールド・ブルースバンド

マイク・ブルームフィールドが在籍したバンドですが、この曲のギターは違います。ギターはエルヴィン・ビショップでした。


5. ハウ・マッチ・モア・・・ エルヴィン・ビショップ・グループ

エルヴィン・ビショップもすぐにバンドを抜けて自身のバンドでデビューします。ビル・グレアムの設立したフィルモアレーベルからの第1弾です。曲はJ.B.レノアーの曲です。


6. ホームワーク・・・ Jガイルズ・バンド

デユーク時代のオーティシュ・ラッシュの曲です。ブルースファンには評判の悪い曲ですが、私は好きです。フリートウッド・マックもやっています。



7. オーキー・ドーキー・ストンプ・・・ ジョニー・ウインターとブライアン・セッツアー

2014年7月に亡くなったジョニー・ウインターです。札幌に来たので観ることが出来ました。遺作となったCDからの1曲でブライアン・セッツアーと共演しています。曲はご存知、ゲイマウス・ブラウンです。


8. ワンウェイ・アウト・・・ オールマン・ブラザーズ・バンド


オールマンです。これはベストセラーになったフィルモアでのライヴからです。曲はソニーボーイ・ウイリアムスン2世の曲です。


9. ベルボトム・ブルース・・・ デレク・アンド・ドミノ

オールマンのデュエンが参加したクラプトンの名作、デレク・アンド・ドミノズからです。


10. ラトルスネーク・シェイク・・・ フリートウッド・マック


英国のバンドです。

2016-07-22

94回目の曲目

13:09

シカゴブルース特集です。

f:id:hideaway_juju:20160722125757j:image


1. オラネール・ブルース・・・・ オッサム・ブラウンとリトル・ウオルター

2. ユー・ゴナ・ミス・ミー・・・ マディ・ウオーターズ

3. ドロップ・ダウン・ママ・・・ ハニーボーイ・エドワーズ

4. スイート・ブラック・エンジェル・・・ ロバート・ナイトホーク

5. ファイン・ガール・・・ J.B.レノアー

6. ザッツ・オールライト・・・ ジミー・ロジャース

7. ビー・ケアフル・・・ ジョン・ブリム

8. バッドボーイ・・・ エディー・テイラー

9. ユー・ドント・ノウ・・・ リトル・ウオルター

10. ルイーズ・・・ ハウリン・ウルフ

11. リトル・ボーイ・ブルー・・・ ロバート・ジュニア・ロックウッド

12. サン・イズ・シャイニング・・・ ハウンドドック・テイラー


1. オラネール・ブルース・・・・ オッサム・ブラウンとリトル・ウオルター

シカゴブルースの夜明けといってもいい1947年の録音です。曲はジミー・ロジャースでお馴染みの「ザッツ・オールライト」です。オッサム・ブラウンは忽然と姿をけしてしまいます。


2. ユー・ゴナ・ミス・ミー・・・ マディ・ウオーターズ

マディー・ウオーターズの名曲です。


3. ドロップ・ダウン・ママ・・・ ハニーボーイ・エドワーズ


来日して札幌に来たこともある人です。この曲も素晴らしいです。


4. スイート・ブラック・エンジェル・・・ ロバート・ナイトホーク

スライド・ギターの名手です。何とも繊細なフレーズが素晴らしいです。B.B.キングでお馴染みの「スイート・リトル・エンジェル」の元歌です。


5. ファイン・ガール・・・ J.B.レノアー


ブルースマンは独自のニックネームを持っています。愉快な名前が多いですね。次はJ.B.レノアーです。ロッキンブギーが多いけれど社会的なブルースを歌っていました。


6. ザッツ・オールライト・・・ ジミー・ロジャース

1曲目で紹介した「ザッツ・オールライト」という曲はジミー・ロジャースがチェスから発売してヒットしました。ジミー・ロジャースはマディーのバンドのギタリストとして活躍しました。1948年にアポロというレコードレーベルに録音した「ザッツ・オールライト」


7. ビー・ケアフル・・・ ジョン・ブリム

大好きな曲、大好きなブルースマン


8. バッドボーイ・・・ エディー・テイラー

来日した人です。ジミーリードのバックでギターを弾いていました。また、エルモアジェイムスのチーフ・セッションでも素晴らしいギターを弾いていました。


9. ユー・ドント・ノウ・・・ リトル・ウオルター

リトル・ウオルターです。素晴らしいハーピストでしたが、結構気の荒い人だったようです。額に大きな傷跡のあるジャケが印象深いです。

10. ルイーズ・・・ ハウリン・ウルフ


ハウリン・ウルフです。ギタリストに名手が多く特にヒューバート・サムリンのギターは素晴らしくロックギタリストに影響を与えています。クラプトンの「クロスロード・ギターフェス」なんかにも出ていました。ウルフのバンドアンサンブルはこれまた最高です。

11. リトル・ボーイ・ブルー・・・ ロバート・ジュニア・ロックウッド

ロバート・ジュニア・ロックウッドです。ピアノがオーティス・スパンです。比較的新しい録音で1960年のステレオ音源です。キャンデッドというレーベルで2枚のLPが発売されました。どちらもいい出来です。ロックウッドは第1回のブルースフェスで来日しました。後に札幌にも来ました。


12. サン・イズ・シャイニング・・・ ハウンドドック・テイラー

ライヴです。これは1974年のライヴです。曲はエルモアの曲です。左指が6本あるのは有名な話しです。

93回目の曲目

12:45

歌謡曲特集第5回目です。

f:id:hideaway_juju:20160722123439j:image

1. コーヒールンバ・・・・ 西田佐知子

2. ダンケシェーン・・・ 渡辺順子

3. スリル・イズ・ゴーン・・・ 八代亜紀

4. あなたのブルース・・・ 矢吹健

5. 恋人よ・・・ 五輪真弓

6. からっぽの世界・・・ ジャックス

7. お話し・・・ キャッスル・アンド・ゲイツ

8. 涙のオルガン・・・ ズー・ニー・ヴー

9. 渚のうわさ・・・ 弘田三枝子

10. 買物ブギ ・・・笠置シズ子

11. 売物ブギ・・・ ダウンタウン・ブギウギ・バンド




1. コーヒールンバ・・・・ 西田佐知子

オリジナルはベネズエラウーゴ・ブランコの曲でルンバではありません。西田佐知子の曲はなかなか素晴らしいです。バックのギターはスタジオ・ミュージシャンと思いますがいいセンスです。2006年にチロルチョコから「コーヒールンバ」というチョコが発売されました。

2. ダンケシェーン・・・ 渡辺順子

外国のカバー曲です。ドイツのベルト・ケンプフェルトが作曲しました。彼はビートルズドイツ録音ポリドール音源のプロデュースもしましたね。この曲は英語でかしが付けられウエィン・ニュートンが吹き込みました。日本ではコニー・フランシスの曲でヒットしました。

何と渡辺順子は黛じゅんの本名です。


3. スリル・イズ・ゴーン・・・ 八代亜紀


ブルースのカバーです。昨年の11月中旬にBSで放映された八代亜紀ミシシッピーから北上してルート61そしてルート49が交わるクロスロード、ロバート・ジョンソンの聖地や墓を訪ねさらにメンフィスまで行きライヴハウスで歌う番組でした。その関係でCD「哀歌(あいうた)」が発売されました。私は八代亜紀はうまい歌手とは思えません。口先で歌っているだけとしか思えません。テレビ番組はなかなか見所がありましたので1曲紹介します。昨年亡くなったB.B.キングの「スリル・イズ・ゴーン」です。ギターは山岸潤史です。


4. あなたのブルース・・・ 矢吹健


八代亜紀は全日本下葉選手権の出身です。この番組はよく見ていました。ほとんど勝ち抜いた歌手は演歌歌手ばかりでした。五木ひろし天童よしみ中条きよし山本譲二などです。アンドレ・カンドレの名前で出ていた井上陽水南こうせつかぐや姫も出ていました。一番印象に残っているのは矢吹健です。矢吹健は10週勝ち抜きましたが、かつての大ヒット曲「あなたのブルース」に次ぐヒットは生れず忘れ去れました。次々と不幸が訪れ長男が病死、妻が自殺、自身も糖尿病アルコールに溺れ昨年の1月に自宅のアパートで死んでいるのが発見されたが世間に発表されたのは半年後でした。


5. 恋人よ・・・ 五輪真弓

五輪真弓の大ヒット曲です。1980年ですから35年も前になりました。この曲はプロデューサーだった木田高介が1980年5月に河口湖で車の事故死をしました。すでに結婚をしていて葬儀で見た妻の悲しみを歌った曲です。


6. からっぽの世界・・・ ジャックス

その木田高介がメンバーだったジャックスです。ジャックスはまるで売れないバンドでしたが、いちぶに熱狂的ファンもいました。私もけっこう好きでレコードを買っていました。リーダーの早川義夫はバンドを解散後は古本屋のオヤジになりその後、またミュージシャンとして今も日本中のライブハウスを回っています。


7. お話し・・・ キャッスル・アンド・ゲイツ

私はどうもフォークソングが苦手で好きではありませんが、高校生の頃に深夜放送で聞いたこの曲は今も忘れられません。ニッポン放送の「バイタリス・フォーク・ヴィレッジ」という番組でした。



8. 涙のオルガン・・・ ズー・ニー・ヴー

歌は町田義人でキャッスル&ゲイツを解散してグループ・サウンズズー・ニー・ヴーに参加して「白いサンゴ礁」をヒットさせます。私はもともとA面だった曲が好きです。


9. 渚のうわさ・・・ 弘田三枝子


黄金時代東芝レコード時代ですが、多くは外国の曲のカバー曲でした。曲はコロンビアレコード時代でオリジナル曲がメインとなります。

10. 買物ブギ ・・・笠置シズ子

笠置シズ子の「買物ブギ」です。



11. 売物ブギ・・・ ダウンタウン・ブギウギ・バンド


アンサー曲です。

2016-07-21

92回目の曲目

13:01

JAZZ特集です。

f:id:hideaway_juju:20160721125419j:image

1 ア・リューチャ・・・・ チャーリー・パーカー

2 サムシン・エルス ・・・キャノンボール・アダレイ

3 キャット・・・ ジミー・スミス

4 モーニン ・・・アート・ブレイキー

5 Cジャム・ブルース・・・ レッド・ガーランド

6 スリー・トゥー・ゲット・レディー・・・ デイヴ・ブルーベック

7 レッド・チャイナ・ブルース・・・ マイルス・デイヴィス

8 マイ・フェヴァリット・シングス・・・ 山下洋輔



1 ア・リューチャ・・・・ チャーリー・パーカー

大好きなチャーリー・パーカーです。1948年の吹き込みでトランペットに若きマイルス・ディヴィスが参加しています。


2 サムシン・エルス ・・・キャノンボール・アダレイ

その10年後の1958年の録音で名義はキャノンボール・アダレイですが実質的リーダーはマイルスです。レコード会社の契約の関係ですね。


3 キャット・・・ ジミー・スミス

ファンキージャズというかロックっぽい大ヒットしたオルガンの曲です。


4 モーニン ・・・アート・ブレイキー

モダンジャズの代表曲として有名な曲です。「サムシン・エルス」と同じ1958年の同じブルーノートでの録音です。


5 Cジャム・ブルース・・・ レッド・ガーランド

有名なアルバムからです。これはプレシテージから発売されました。1957年の録音です。ベースのポール・チェンバース、ドラムのアート・テイラーが素晴らしいです。主役のレッド・ガーランドも素晴らしいピアノを弾いています。


6 スリー・トゥー・ゲット・レディー・・・ デイヴ・ブルーベック

1959年の作品「テイク・ファイブ」でお馴染みのデイヴ・ブルーベックです。ドナルド・フェイゲンの「ナイトフライ」というアルバムがありますが、「ニューフロンティア」にデイヴ・ブルーベックを歌った一節があります。


7 レッド・チャイナ・ブルース・・・ マイルス・デイヴィス

マイルスの1973年のアルバム「ゲット・アップ・ウイズ・イット」からです。もうエレクトリック・マイルスです。


8 マイ・フェヴァリット・シングス・・・ 山下洋輔


「私のお気に入り」です。ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の中の1曲ですが、ジャズのスタンダードとしても知られています。ジョン・コルトレーンの「マイ・フェバリット・シングス」が有名です。今回は日本のアーテイストの曲です。

91回目の曲目

12:43

JAZZ JIVE特集です。

f:id:hideaway_juju:20160721122947j:image

1 サンタモニカ・ジャンプ・・・・ スリム・ゲイラード

2 アラビアの酋長・・・ ガイ・セクステット

3 呑兵衛ジャズ・・・ ミリオン・スイング・ボーイズ

4 ヒーズ・ソー・アンユージャル・・・ ミステリー・ガール

5 フードル・アドル ・・・メリー・オズボーン・トリオ

6 カルドニア・・・ ルイ・ジョーダン

7 チューチュー・チ・ブギー・・・ ルイ・ジョーダン

8 シュガー・レイ・・・ バブス・ゴンザレス

9 ダーティー・ダズン・・・ サム・プライス

10 ティアドロプス・フロム・マイ・アイズ・・・ ルイ・プリマ

11 コンフェシン・ザ・ブルース・・・ ジェイ・マクシャンとウォルター・ブラウン

12 ホェン・ユーアー・スマイリング・・・ キャブ・キャロウェー・アンド・ヒズ・オーケストラ

13 アイム・ア・リトル・ビズィーボディー・・・ ジェリー・ルイス

14 エイント・ゴナ・ワリー・アバウト・ア・ソウル・・・ デルタ・リズム・ボーイズ

15 ミスター・リズムマン・・・ キャッツ・アンド・ザ・フィドル






1 サンタモニカ・ジャンプ・・・・ スリム・ゲイラード

1916年1月4日デトロイト産まれ(1916年1月1日キューバ産まれと言う説もある)

15歳の頃、商船員だった父について、ギリシャクレタ島に渡り、半年(または、かなりの年数)残留する。

デトロイトの家に戻ってから、ボクサー、ドライバー等の職業に就く。ミシガンライトヘビー級チャンピオンにもなったことがあるらしい。

ドライバーの仕事は、ギャングの手先でカナダに酒を運んでいたとか...

最初におぼえた楽器は、ヴァイブラフォン。それからピアノ、ギターと移り変わっていった。

彼の音楽のキャリアは、タップダンスとギターで始まる。ギターを弾きながらタップダンスを踊っていた、らしい。


2 アラビアの酋長・・・ ガイ・セクステット


アラビアの酋長 - The Sheik of Araby 1921年に作られたニューオリンズジャズの曲です。ビートルズマニアならデッカ・オーディションで演奏されたのを知っていると思います。ガイ・セクステットというバンドは多分、日本のバンドと思います。SPの裏表で演奏しています。裏面で突然演奏が変化します。正体は不明です。


3 呑兵衛ジャズ・・・ ミリオン・スイング・ボーイズ

日本のバンドです。同じく正体は不明です。


4 ヒーズ・ソー・アンユージャル・・・ ミステリー・ガール

女性です。歌手ですが、正体は不明です。その名もミステリー・ガールといいます。ロイ・オービスンの遺作アルバムに「ミステリー・ガール」というタイトルがありますが全く関係ありません。


5 フードル・アドル ・・・メリー・オズボーン・トリオ

白人の女性ジャズギタリストです。Mary Osborneは1921年ノース・ダコタ州に生まれている。学生時代から、ギター、ベース、バイオリン、ボーカルを嗜んでいたが、Charlie Christianを聴き刺激を受けギターに専念するようになったらしい。

45年にMary Lou Williamsガール・スターズに参加。翌年にはColeman Hawkinsと共演。その後トリオを持ち、60年までCBSラジオショウを中心に活躍していたようだ。


6 カルドニア・・・ ルイ・ジョーダン

7 チューチュー・チ・ブギー・・・ ルイ・ジョーダン

大有名アーティストです。知らない人はいません。



8 シュガー・レイ・・・ バブス・ゴンザレス


ラジオのDJや、ミュージシャンや俳優のマネージャー業などをしていたという風変わりな経歴を持つ、まさにバップ時代を生きたヴォーカリスト、バブス・ゴンザレス

吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズがカヴァーした"You Need Connection"

9 ダーティー・ダズン・・・ サム・プライス

テキサス出身のピアニストです。かなりの量の録音を残しています。


10 ティアドロプス・フロム・マイ・アイズ・・・ ルイ・プリマ

ルイジアナ州ニューオーリンズ出身。7歳のときからヴァイオリンを学ぶ。13歳の時トランペットに替え、兄・リーオンのバンドのメンバーになる。後に自身でバンド結成、1934年にレコーディングコンボである「ニューオーリンズ・ギャング」を結成。1936年からはビッグバンドを率いて活躍。同年、自身が作曲した"Sing, Sing, Sing"を発表、ジャズのスタンダード・ナンバーとなった。

代表曲のひとつである"Jump, Jive and Wail"をブライアン・セッツァーオーケストラ、ビッグ・バッド・ヴードゥー・ダディーがカバーしている。


11 コンフェシン・ザ・ブルース・・・ ジェイ・マクシャンとウォルター・ブラウン


1909年1月12日米国オクラホマ州マスコギー生まれ。ローカル・バンドでピアニストとして各地で活動をするし、カンサス・シティに定着。40年には同市でビッグバンドを結成。その中にはチャーリー・パーカーも参加していた。42年にはこのバンドでニューヨークへ進出し注目を浴びる。バンドのヒット曲はジェイ・マクシャンとウォルター・ブラウンが共同で作った”Confessin' the Blues


12 ホェン・ユーアー・スマイリング・・・ キャブ・キャロウェー・アンド・ヒズ・オーケストラ


キャブ・キャロウェイ (Cab Calloway, 1907年12月25日 - 1994年11月18日) は、アフリカ系アメリカ人のジャズ・シンガー、バンドリーダー。キャブはエネルギッシュなスキャット唱法の歌手として知られ、彼のビッグバンドは1930年代初頭から1940年代後半にかけて、アフリカ系アメリカ人のバンドとしてはアメリカ最大級の人気を博した。彼のバンドはトランペットディジー・ガレスピー、ドク・チータム、サクソフォンベン・ウェブスターレオン・“チュ”・ベリー、ニューオーリンズの名ギタリスト、ダニー・バーカー、ベースにミルト・ヒントンらを擁した

1988年12月、キャブは唯一の来日公演を行った。神戸横浜東京の3都市におけるステージを通じてエンターテイナーの神髄を披露したが、3日あった東京公演の2日目に体調を崩して入院。最終日の公演は中止になった。


13 アイム・ア・リトル・ビズィーボディー・・・ ジェリー・ルイス

ジェリー・ルイス(Jerry Lewis、1926年3月16日[1] - )は、アメリカ合衆国喜劇人、俳優、映画プロデューサー脚本家映画監督。息子が恋のダイアモンド・リング / Gary Lewis & The Playboysのヒット



14 エイント・ゴナ・ワリー・アバウト・ア・ソウル・・・ デルタ・リズム・ボーイズ


大学の音楽教授の指導の下に1934年にオクラホマの大学で"The Hampton Institute Quartet"として誕生し、1936年にデルタ地帯にあるジャズの発祥地のニューオリンズに移り、バス、バリトンテナー2名とアレンジャーでもあるピアニストの5人でメンバーを組んでその地名から名付けた"Delta Rhythm Boys"として音楽活動を始めたそうです。



15 ミスター・リズムマン・・・ キャッツ・アンド・ザ・フィドル


タイニー・グライムス在籍時はオールタイム・フェイヴァリット!

90回目の曲目

12:26

クリスマス特集です。

f:id:hideaway_juju:20160721122324j:image


1 オー・ホーリー・ナイト・・・  レイモン・ルフェーブル・グランド・オーケストラ

2 ハッピー・クリスマス・・・・ ジョンとヨーコ

3 ウィンター・ワンダーランド・・・ 小野リサ

4 ブルー・ウィンター・・・  コニー・フランシス

5 12月の雨 ・・・荒井ユミ

6 メリー・クリスマス・ダーリン・・・ カーペンターズ

7 ザ・ウッドン・ソルジャー ・・・インターナショナル・ノヴェルティー・オーケストラ

8 アイ・ウォント・ユー・フォー・クリスマス・・・ ディック・ロバートソン

9 ウィンタータイム・ブルース・・・ ビッグ・メイシオ

10 ベイビー・カム・ホーム ・・・ダーレン・ラヴ

11 スケーターズ・ワルツ ・・・ アンティーク・オルゴール

12 ウィンター ・・・ ローリング・ストーンズ

13 ラスト・クリスマス・・・  ワム

14 ハード・ハード・ウィンター・・・ ストローヴス

15 クリスマス・タイム・ヒア・アゲイン・・・ ビートルズ

16 7時のニュース・・・ サイモンとガーファンケル

17 サニーサイド・オヴ・ヘヴン・・・ フリートウッド・マック

18 神のみぞ知る・・・ ビーチ・ボーイズ

89回目の曲目

09:26

バート・ラッセツ・バーンズ特集



f:id:hideaway_juju:20160721092722j:image


1 プッシュ・プッシュ・・・ オースチンテイラー

2 ツイスト・アンド・シャウト・・・ シュレルス

3 テル・ヒム・・・・ エキサイターズ

4 ユード・ベター・カム・ホーム・・・ バード・ラッセル

5 ベイビー・レット・ミー・テイク・ユー・ホーム・・・ アニマル

6 ヒア・カムズ・ザ・ナイト・・・ ルル

7 チック・ア・ブーン・・・ ヴァン・モリソン

8 アイ・ウオント・キャンディー・・・ バウ・ワウ・ワウ

9 ハング・オン・スルーピー・・・ アルセニオ・ロドリゲス

10 クライ・トゥ・ミー・・・ ソロモン・バーク

11 ピース・オブ・マイ・ハート・・・ アーマ・フランクリン

12 クライ・ベイビー ・・・ジャニス・ジョプリン

13 アイ・ワンダー・イフ・シー・リメンバー・ミー・・・ マッコイズ

14 カモン・レッツ・ゴー・・・ マッコイズ


バートランド・ラッセル・バーンズ(Bertrand Russell Berns 1929 – 1967)の特集です。

1929年アメリカニューヨーク・シティブロンクス生まれの、バートランド・ラッセル・バーンズ(Bertrand Russell Berns)は、バート・バーンズ(Bert Berns)、バート・ラッセル(Bert Russell)としても知られる作曲家

ソングライター/プロデューサーとして約8年間という短い期間(1967年没 享年38歳)に残した彼の功績は大きく、同時代に活躍した、ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー(Jerry Leiber & Mike Stoller)や、ホーランド/ドジャー/ホーランド(Holland-Dozier-Holland)、フィル・スペクターPhil Spector)などと肩を並べる存在として1960年代の音楽界を牽引し、多くの名曲を残しています。ブラックR&Bコミュニティと白人向けのポップ・チャート両方に支持された、その豊かな作風は、アフロ・キューバン・ミュージックの影響が強く、特に、バーンズが若い頃ハーレムのナイトクラブで、マンボ(ダンス)漬けだったことや、1957年から1958年にかけての、カストロ前夜のキューバ旅行の経験が、その後のソング・ライティングに影響を与えたようです。

1960年頃よりブロードウェイ1650番地に事務所を構え、職業作曲家としてのキャリアをスタート。


1 プッシュ・プッシュ・・・ オースチンテイラー

ソングライターとしての最初期作品は、テッド・テイラーTed Taylor)としても知られる、オクラホマ出身のソウル・ミュージシャン、オースチンテイラー(Austin Taylor)の1960年のシングル、プッシュ・プッシュ(Push Push)。

プッシュ・プッシュは、後に大ヒット曲となるツイスト・アンド・シャウトの共作者フィル・メドレーとの共作曲で、ビルボード・ホット100の最高90位にランクイン。


2 ツイスト・アンド・シャウト・・・ シュレルス

オリジナルはトップ・ノーツというグループで、プロデューサーフィル・スペクターだ。フィルは当時、ジェリー・レイバー&マイク・ストーラーの見習いをやっていて、この曲をプロデュースして『音の壁』的レコーディングしたが、作者のバート・ラッセルは気に入らなかった。バート自身がプロデュースしてアイズレー・ブラザーズに歌わせ1962年に全米17位のヒットになる。今回は、アイズレー・ブラザーズではなくステージやショーでは、オープニングナンバーとして常に歌っていたシュレルスのヴァージョンです。


3 テル・ヒム・・・ エキサイターズ

ニューヨーク出身の4人組、エキサイターズの1962年のヒット曲です。

4 2'22" ユード・ベター・カム・ホーム・・・ バード・ラッセル

バート・バーンズが、ラッセル・バード(Russel Byrd)名義でリリースしたファースト・ソロシングル。ソングライターとして契約していたワンド・レコード(Wand Records)より、レッツ・テル・ヒム・アバウト・イット(Let’s Tell Him About It)とのカップリングで1961年リリース。ビルボード・ホット100では50位。

ソング・ライティングは、バート・バーンズ自身によるもので、ループするコードに、からむ印象的なストリングス・アレンジはブリル・ビルディングの作家仲間、キャロル・キングCarole King)によるもの。

ドゥーアップのコーラスを弦楽器のリフに置き換えたような、リードボーカルとのコール&レスポンスがユニーク。ピアノを弾いているのも、おそらくキャロル・キングでしょう。


5 ベイビー・レット・ミー・テイク・ユー・ホーム・・・ アニマル

バート・バーンズの作品は、ビートルズをはじめ、イギリスのミュージシャン、いわゆるブリティッシュ・インヴェイジョンムーブメントのバンドやシンガーに愛聴者が多く、多くのカバー・バージョンが生まれ、アメリカに逆輸入される形に。

アニマルズ(animals)はデビュー・シングルに、ザ・ムスタングス(The Mustangs)のベイビー・レット・ミー・テイク・ユー・ホーム(baby let me take you home)を吹き込みました。

6 ヒア・カムズ・ザ・ナイト・・・ ルル

ヴァン・モリソンがいたゼムのヒットでお馴染みの曲ですが、今回はルルのヴァージョン


7 チック・ア・ブーン・・・ ヴァン・モリソン

ヴァン・モリソンのファースト・アルバム、ブロウイン・ユア・マインド(Blowin’ Your Mind!)(バート・バーンズ・プロデュース、1967年リリース)は、音楽雑誌ローリング・ストーンが選ぶ、エッセンシャルなアルバム40枚・1967年度版に選ばれ、シングル・カットした、ブラウン・アイド・ガール(Brown Eyed Girl)は、ビルボード・トップ10位を記録するヒット曲になりました。

ヴァン・モリソンも聴いてください。この曲は本当に素晴らしいです。

8 アイ・ウオント・キャンディー・・・ バウ・ワウ・ワウ

バウ・ワウ・ワウの曲です。オリジナルは1965年のストレンジラヴズの曲です。

9 ハング・オン・スルーピー・・・ アルセニオ・ロドリゲス


バーンズのヒーローであり、キューバ音楽の巨匠、アルセニオ・ロドリゲス(Arsenio Rodriguez)のプロデュースも行いました。


10 クライ・トゥ・ミー・・・ ソロモン・バーク

ソロモン・バーク、1962年の名曲です。


11 ピース・オブ・マイ・ハート・・・ アーマ・フランクリン

アレサ・フランクリンの妹のアーマ・フランクリンの曲です。これは、ジャニス・ジョプリンがいたビッグ・ブラザー&ホルディング・カンパニーの曲として多くのロック・ファンに知られています。


12 クライ・ベイビー・・・ ジャニス・ジョプリン

ジャニス・ジョプリンのソロ・アルバムでもバート・ラッセルの曲が取り上げられています。


13 アイ・ワンダー・イフ・シー・リメンバー・ミー・・・ マッコイズ

ハング・オン・スルーピーを最初に吹き込んだマッコイズ

14 カモン・レッツ・ゴー・・・ マッコイズ

。これは、リッチー・ヴァレンスの曲です

2015-10-03

88回目の曲目

14:37

カバー曲とオリジナル曲の共演です。


f:id:hideaway_juju:20151003143406j:image


1.悪魔とモリー ・・・ミッチ・ライダー&ザ・デトロイト・ウィールズ

2.青いドレスの悪魔・・・ ショーティー・ロング

3.グッド・ゴリー・ミス・モリー・・・ リトル・リチャード

4.キープ・ミー・ハンギング・オン・・・ バニラ・ファッジ

5.キープ・ミー・ハンギング・オン・・・ シュプリームス

6.ショットガン・・・ バニラ・ファッジ

7.ショットガン・・・ ジュニア・ウォーカーとオール・スターズ

8.パーチマン・ファーム・・・ カクタス

9.パーチマン・ファーム・・・ モーズ・アリス

10.ジェフズ・ブギー・・・ ベック・ボガート・アピス

11.ギター・ブギー・・・ チャック・ベリー

12.迷信 ・・・ベック・ボガート・アピス

13.迷信・・・ スティービー・ワンダー






f:id:hideaway_juju:20151003144826g:image




1.悪魔とモリー ・・・ミッチ・ライダー&ザ・デトロイト・ウィールズ

2.青いドレスの悪魔・・・ ショーティー・ロング

3.グッド・ゴリー・ミス・モリー・・・ リトル・リチャード



f:id:hideaway_juju:20151003143617j:image

モノ盤

f:id:hideaway_juju:20151003143553j:image

ステレオ

f:id:hideaway_juju:20151003143552j:image

f:id:hideaway_juju:20151003143551j:image

f:id:hideaway_juju:20151003143550j:image



フレディ・キャノンフォー・シーズンズプロデューサーであったボブ・クルーのアイデアで特徴的なのは、ハードなロックのアレンジの中に黒人のR&Bのヒット曲のメドレーをねじ込むというものでした。グループ名をビリー・リー&ザ・リヴィエラズからミッチ・ライダー&ザ・デトロイト・ウィールズと名前を変えた彼等のヒット曲のうち、Jenny Take a Ride (チャック・ウィリスの C. C. Rider とリトル・リチャードの Jenny, Jenny)や Too Many Fish in The Sea & Three Little Fishes (マーベレッツの曲と昔の童謡で可愛い声のミルドレッド・ベイリーのような歌手が歌っています)などがそうです。一番有名な曲がショーティ・ロングの曲とリトル・リチャードの曲のメドレー、66年の大ヒット・ナンバーのDevil with a Blue Dress on & Good Golly Miss Molly (「悪魔とモリー」)です。 ショーティー・ロングの長閑なモータウン・ヒット「Devil with a Blue Dress」、「Here Comes the Judge」等をヒットさせるショーティーの初吹き込み作品です。地味渋オリジナル・バージョン。とリトル・リチャードのブギウギ「Good Golly, Miss Molly」をくっ付ければ最高のマジック、猥雑でド迫力のロックンロール「悪魔とモリー」の出来上がり。






4.キープ・ミー・ハンギング・オン・・・ バニラ・ファッジ

5.キープ・ミー・ハンギング・オン・・・ シュプリームス


f:id:hideaway_juju:20151003144349j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144348j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144347j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144346j:image

最大のヒット曲は「キープ・ミー・ハンギング・オン」である。ファースト・アルバムからシングル・カットされた同曲は、元々はシュープリームスが唄って全米No.1となった曲だが、3分くらいだったオリジナルを、スローで色彩感の強い7分の曲にアレンジし、フル・ヴァージョンを収録したアルバム、及びレコード会社の意向で3分ほどに短縮されて収録されたシングルとも全米6位まで上昇した。ユー・キープ・ミー・ハンギン・オン (You Keep Me Hangin' On) は、スプリームスの1966年のシングル。作曲はホーランド=ドジャー=ホーランド。本作はグループの8番目のナンバーワンシングルであり、Billboard Hot 100において1966年11月13日から11月27日まで1位の座を保った。





6.ショットガン・・・ バニラ・ファッジ

7.ショットガン・・・ ジュニア・ウォーカーとオール・スターズ



f:id:hideaway_juju:20151003144527j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144526j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144525j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144524j:image

オリジナルは、スプリームスと同じくモータウンのジュニア・ウォーカーとオールターズの1965年の大ヒットナンバーを、またまた大胆にハードロックにし「ショットガン」です。



8.パーチマン・ファーム・・・ カクタス

9.パーチマン・ファーム・・・ モーズ・アリス



f:id:hideaway_juju:20151003144655j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144654j:image

f:id:hideaway_juju:20151003144653j:image



モーズ・アリスンです。彼の音楽は、多くのブルースとロックの音楽家に影響を与えており、中でも、ローリング・ストーンズ、ジョン・メイオール、ヤードバーズや、「ヤング・マン・ブルース」をライブの定番曲としたザ・フーらが代表に挙げられる。 アリソンの楽曲をカバーした音楽家には、レオン・ラッセルヴァン・モリソンエルビス・コステロピクシーズらがいる。

カバーしているのは、カクタス (Cactus) は、アメリカ合衆国のロックバンド。

1969年、ヴァニラ・ファッジのメンバーであったティム・ボガートとカーマイン・アピスジェフ・ベックから新バンド結成の誘いを受けており、彼らも乗り気だったものの、11月2日にベックが自動車事故を起こし3か月の重傷を負ってしまい新バンドの構想は頓挫してしまう。

1970年初め、ボガートとアピスは仕方なく知り合いだったジム・マッカーティー(元ミッチ・ライダー・アンド・デトロイト・ホイールズ、バディ・マイルス・エクスプレス)を誘い、マッカーティーの推薦でラスティ・デイ(元アンボイ・デュークス)が加わりカクタスとして活動を始めることとなった。





10.ジェフズ・ブギー・・・ ベック・ボガート・アピス

11.ギター・ブギー・・・ チャック・ベリー




f:id:hideaway_juju:20151003145145j:image

f:id:hideaway_juju:20151003145144j:image

1972〜74年の間活動した、ジェフ・ベック、ティム・ボガート、カーマイン・ピスが結成したロックバンド「Beck, Bogert & Appice」。

1973年発売の2ndアルバムで、1973年の日本ツアー大阪公演から収録されたライヴ盤です。

ギター・キッズ必須の曲、ジェフ・ベックヤードバーズ時代の曲です。

オリジナルは、チャック・ベリーの「ギター・ブギー」です。アーサー・スミスの曲に同じ曲名がありますが、別の曲です。基本的に チャック・ベリーの曲とテーマは同じですが、ギター・テクニックはジェフ・ベックに敵いません。



f:id:hideaway_juju:20151003150103j:image

f:id:hideaway_juju:20151003150102j:image

12.迷信 ・・・ベック・ボガート・アピス

13.迷信・・・ スティービー・ワンダー


スティービー・ワンダーは時間切れでした。あいすみません。

2015-09-05

87回目の曲目

10:40

今回は5回目になりますが、歌謡曲特集です。2年ぶり位になります。

f:id:hideaway_juju:20150905103522j:image



1.非情のライセンス・・・野際 陽子

2.困るのことヨ・・・都はるみ

3.愛のさざなみ・・・ 浅丘ルリ子

4.石狩挽歌・・・ ?泉ピン子

5.人形の家・・・ 大竹しのぶ

6.この世の花・・・ 島倉千代子

7.襟裳岬・・・ 島倉千代子

8.夕月・・・ 黛ジュン

9.エロスの朝・・・ 金井克子

10.帰らざる旅・・・ 竹越ひろ子

11.ジョニー・オン・マイ・ソウル・・・ 内藤やす子

12.わるいくせ・・・ 安井かずみ





1.非情のライセンス・・・野際 陽子

f:id:hideaway_juju:20150905103552j:image

1968年4月6日から1973年4月7日の毎週土曜日21:00 - 21:56に放送され、全262話で最盛期には視聴率30%を越えていた「キーハンター」の主題曲です。野際 陽子元NHKアナウンサー、1936年生まれですから何と79才です。1966年(昭和41年)2月にかねてから念願であったパリへ留学。ソルボンヌ大学で古典仏文学の授業を受けた。1967年にはパリからの帰国時に着用していた、まだ日本では珍しかったフランス製のミニスカートが話題になった。このことから日本人で初めてミニスカートを穿いた女性であるとも言われている。


2.困るのことヨ・・・都はるみ


f:id:hideaway_juju:20150905103614j:image

1964年、「困るのことヨ」で、デビュー。同年3枚目のシングル「アンコ椿は恋の花」がミリオンセラーになる。


3.愛のさざなみ・・・ 浅丘ルリ子

f:id:hideaway_juju:20150905103648j:image

少し前になかにし礼の作品集「なかにし礼と12人の女優たち」というCDが発売されました。この中から3曲ほど聞いてください。1968年の島倉千代子のヒット曲です。


4.石狩挽歌・・・ ?泉ピン子

f:id:hideaway_juju:20150905103648j:image


1975年の北原ミレイのヒット曲です。以前にもオリジナル曲をかけました。


5.人形の家・・・ 大竹しのぶ

f:id:hideaway_juju:20150905103648j:image

1969年の弘田三枝子のヒット曲です。


6.この世の花・・・ 島倉千代子

f:id:hideaway_juju:20150905103739j:image

f:id:hideaway_juju:20150905103738j:image

1955年3月、16歳、本名「島倉千代子」で歌手デビュー。デビュー曲「この世の花」(同名の映画の主題歌)は半年後に200万枚達成、人気歌手になる。

7.襟裳岬・・・ 島倉千代子

f:id:hideaway_juju:20150905103808j:image

f:id:hideaway_juju:20150905103807j:image

島倉千代子は人を疑わない性格でいろいろな人に騙されて多額の借金を背負います。日本の各地を周り返済に苦慮しましたが、約7年で返済したようです。生前、北海道のローカル番組ですが、日高地方の新冠だったと思いますが、町の公民館の2階で公演が行われましたが、幕を開けると観客が数人しかいませんでした。その理由は海での昆布漁のため町民はほとんどいないためでした。それでも島倉千代子は普段と変わりなく数人のために曲をこなしたそうです。

8.夕月・・・ 黛ジュン

f:id:hideaway_juju:20150905103835j:image

1968年9月10日に発売された黛ジュンの5枚目のシングルです。


9.エロスの朝・・・ 金井克子

f:id:hideaway_juju:20150905103901j:image

973年にリリースした曲。 男どもを歌う「女王蜂」、“燃えろ燃えろ いいねいいわ”“チキボンチキボン”という歌詞が 意味深というかストレートすぎる「エロスの朝」とファンキー歌謡。


10.帰らざる旅・・・ 竹越ひろ子

f:id:hideaway_juju:20150905103935j:image

ド迫力演歌歌手、竹越ひろ子の'72年盤、アトランティック・ソウルなホーン隊大活躍のハレルヤソウル・ロック。

11.ジョニー・オン・マイ・ソウル・・・ 内藤やす子


f:id:hideaway_juju:20150905103955j:image


2006年5月28日、脳内出血で倒れて緊急入院。同年7月6日に退院してからは自宅療養中であるが、病後の後遺症が残っており、2015年現在も歌手活動再開の目処は依然立っていない。1980年の曲です。

12.わるいくせ・・・ 安井かずみ

f:id:hideaway_juju:20150905104017j:image

1970年の安井かずみの曲です。歌も本人です。

eiji komatsueiji komatsu 2015/09/07 23:32 人々には共通した想い出があるのではないだろうか。それが歌謡曲だ。井内さんは洋楽・邦楽を問わず等しくそれを愛でる。収録12曲中、知っていたのは「石狩挽歌」のみ。なかにし礼はまちがいなく戦後歌謡史に名を残す作詞家である。井内さんの選曲の基準がよく分からずその多様性に舌を巻いたが、なかにし礼と東京ホステス仁義のオムニバス盤あたりが中枢を占めているような感じがしないでもない。

Connection: close