Hatena::ブログ(Diary)

東久留米日記

ページビュー
264598

2016-12-03

[]イベント反省とか



そこそこ盛況で今回はなんとかなったと喜んだのも束の間、「このままいくと、2月4日のボラ活フェスタではまずいことになる。」と予想出来るまでたいした時間はかからなかった。


それで市民部生活課に電話で説明して以下のようなメールも出したんだが…

最初、直接「自分が市役所に行きますから30分くらいお話しできますか」と担当の市の職員に電話をかけたんだが「どういうご用件かわからないと…」と言われ電話口で説明を求めるから、そのまま電話で話したが「いまひとつ状況がわかりません」という感じだった。

そりゃそうだろう。だから、資料をもって直に説明にいくつもりだったんでしょうがあああああ!

その日のうちにメールも出した。

メール
----------------------------------------
こんにちは

ボラ活動フェスで「子ども用品のリサイクルを考える会」で出店する++です。

本日9時ころに生活文化課に電話をし、自分がグレイバーレルセル(仮名)さんと、「くらしフェスタを担当した市民生活課の男性職員」を同じ職員だと間違えていたことがわかりました。大変失礼しました。

(「くらしフェスでこちらの出店の様子を見ている職員の人なら話がわかりやすいかもしれないv」という私の方の希望的願望による同一視だったかもしれないです。どうもすいませんでした。)


くらしフェスタの土曜日(回収日として指定)に、地域センターなどのチラシを見て不用になった子どものおもちゃと学用品を持ってこられた方が多かったです。

実際にくらしフェスタの二日間設定でやってみた結果、2月4日のボラ活フェス一日で、「回収と頒布」をするのは、あまりよくない状態になるという予想がついたので、あわてております。


私は車がないので、くらしフェスタの前日の金曜日に荷物を4時に自転車で運び、市民プラザの長机が置いてある倉庫に段ボール2個分を置いてもらい(市民プラザの窓口の人に電話して「それくらいの量ならと了承いただいた)して、夕方の設営準備の時にまた展示の荷物を自転車で持ち込むという具合でした。

倉庫には余裕があると思いましたし、チラシで告知しても「山のように」不用品が持ち込まれることはないと思いますが、少しであってもこちらは大変助かります。

そこで、市民プラザ委託のセイウンのほうに、2月1,2,3日に不用品の受け取りをお願いして倉庫に一時保管しておいてもらうことはできないかと思い、相談しようと思いましたが、まず市民生活課の担当の方に話をしてみたほうがと思い、電話をさしあげた次第です。

添付したチラシ(両面に印刷)を「くらしフェスタ」の前に2000枚刷り、1500枚を地域センターなどに置き、500枚くらいを三小にゴミ対策課から話を通してもらい全児童配布しました。
これをボラ活用に作り直す際に、2月1,2,3日に「も」、不用品の受け取りを市民プラザの窓口で実施というふうな告知が載せられれば助かりますので、なんとか計っていただけないでしょうか。


もしも山のように不用品が来て倉庫に置けない場合、7階の食堂(だったところ)が(ずっと)空き室になっているので、そこに置いておくこととか考えられないでしょうか。

「くらしフェスタ」で一緒に「子ども用品のリサイクルを考える会」を企画したヤングフィールド(仮名)さんは来年は別の子育て支援のほうを優先するため、2月4日のほうは実際の企画計画は私一人ですので、大変困っています。
10月に、「やっぱりボラ活のほうはキャンセルしようか」とさんざん迷いに迷いましたが、1日だけだからと思い、また、当日の手伝いだけならできるという知人も数名いますので、「できる範囲でやればよい」と思い、キャンセルをやめましたが、くらしフェスタで2日実施してみて、「このまま実施ではヤヴァイかも」と思いなおし考えているところです。

市の環境基本計画にはリサイクルの推進とうたってありますし、実際に2005年まで当時の市民生活館で子ども用品のリサイクルコーナーを設けていたので、行政の方で現代にあったリサイクルネットワークを考えていただきたいと私は希望していますが、それはそれとして、当面のゴミ有料化の前に、出来ることはしたいと思いましたので、リサイクルの企画をしたのですが、何とか当日来館した方々の期待を裏切らないようになるよう、ご協力をお願いいただけないでしょうか。

ではでは
----------------------------------------


ダメだった。

私は市の担当とセイウンの方で話をしていただき、可能かどうかを検討してほしかったんだが、グレイバーレルセル氏は12月1日のボラ活フェスタの実行委員会の方に話を持っていったんだって。

(o゚Д゚ノ)ノ

そんなところに出したら了解を得られるわけがない。うまく行くわけがない。


くらしフェスタでも、子ども用品のリサイクル出展に際して「1コーナー長机1台の割り振り」だったのを、こちらでは2台お願いしたが、くらしフェスタ実行委員会で、重鎮の委員に「2台なんて、場所ふさぎになるから1台でいい」と言われて当日の会場配置図では1台になっていた。
しかし、当日の土曜日にはやはり足りないので2台にしてもらい(注 長机は倉庫に余っていた)、日曜日の頒布のときに3台の長机と丸テーブル1台使うことになったんですよ。


(だいたい、ボラ活フェスの公的なチラシとリサイクルの会で出すチラシの違いがわかっていただけていたのかどうか)


グレイバーレルセル氏は「社会福祉協議会から手伝いの人が二人つきますから」と言われたが(社会福祉協議会に前に出していたその申請は通った)、私が今解決したいのは、そういう話はではないんだよ。

グレイバーレルセル氏はくらしフェスタの担当の職員ではないし、土日のくらしフェスタを見ていないから、具体的によくわからないというのは当然だった。全然悪い人ではないけれど、これではただの伝達マンでしょうがあああ。orz

言い過ぎましたすいません。ごめんなさい。グレイバーレルセル氏には自治会についての問い合わせでお世話になりました。



しかし、困った困った困った困った困った困った困った困った困った困った困った困った困った困った困ったようもう嫌だやりたくないなんで私はこんなことをしているんだああAああああA

2016-12-02

[]カジノ法案衆院委員会可決

東京新聞政治部 @tokyoseijibu
カジノ法案衆院委可決 野党反発「審議不十分」
 わずか6時間の審議で採決とは。2,3日前では全く想定していない展開になってしまいました。:政治(TOKYO Web) カジノ法案衆院委可決 野党反発「審議不十分。tokyo-np.co.jp


@kama_yam
カジノ法案審議は初日から大波乱 (link: http://blogos.com/outline/200166/) blogos.com/outline/200166/
自民・谷川、急に般若心経を唱え、「時間が余ったので」地元長崎五島列島への郷土愛を語り始める
維新・浦野、共産議員への答弁演説を勝手に始め、なぜか法案審議の場で「日本カジノ合法化の歴史」を語り出す

維新の浦野議員が答弁者でもないのに勝手に答弁を始める。


なにこれ

@yatsu_n
朝日「危うい賭博への暴走」、読売「人の不幸を踏み台にするのか」、毎日「唐突な採決に反対する」、産経「懸念解消を先送りするな」。めずらしく各紙がみな社説批判
カジノ解禁法案衆院内閣委で可決 自民採決強行朝日新聞デジタル
asahi.com



前にカジノやってバトミントンの選手二人が資格取り消しとかの事件があったが、この法案が可決後なら「事件」にならないのか。

確か製紙会社の御曹司みたいな人がカジノに会社の金つぎ込んだ事件が数( -_・)?年前にあったよね。王子製紙 カジノ でググったら出てきた。

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録




原発 リニア 東京五輪 安保法制 辺野古 憲法改変 海外派兵 などなどときて、 カジノ 
もうダメだこの国。

生前退位 が、今年の新語流行語に入らない国。

2016-12-01

[]メモ

注意 このブログは愚痴とボヤキの捨て所兼備忘録です。

読んで御不快になられた経験をお持ちの方には、これ以上読まれないことをお勧めします。いやお願いだから読まないでくださいいぃぃぃぃぃ(泣)

そういう方は「もっと前向きで、楽しくて、明るくて、読んだ人がリサイクルに参加したくなるものを書けばいいのに」などの〈助言〉をしてこられそうな感じがするので、それは非常に困るのであります。予防線を貼ったぞv

それができれば苦労はしないし、そもそも「子ども用品のリサイクルを考える会」の公式サイトでもないし、そういう「公式」サイトなりブログなりを作る余裕もない。ないないづくしないづくし。
せっかくイベント終了して喜びたかったし反省点など書き留めたいのになんでこんなことを必死で書いているんだろう....察してくれ… 

◼昔の失敗談

私がFacebookを持っているのを知ったリアル知り合いが、自分もFacebookを作ったと言ってきた。

注 私がFacebookを持っているのは、それがないと入れないサイトがあった為に作っただけで、更新する気は全くないし、通知が来ない設定にしている。

その後その知人から「私がFacebookにいくら近況を載せても、Kさんは『イイネ』を付けてくれないんだね」と言われた。
私は絶句した。何故なら、

90年代のネットというよりパソコン通信で、掲示板と言えばBBSという頃からやってきた私は、リアル知人からこういうことが不満として表明されるという事象に初めて直面し驚愕した。
ネットとはこういうもので…と説明しようとしたがやめた。さらに気を悪くするだろうから。それに、これが一般的で正しいネットのルール、とかいったものはない。
自分的には、リアル知り合いとのネットでの付き合いは避けるほうが賢明だと思っている。自分はアニメやマンガの二次創作FAN ARTや趣味その他からネットに入り、その期間が長いので、普通の人とネットで付き合うのは苦手で、さらにそこまでリソースをさく余裕がないす。すいませんすいませんすいません。申し訳ないが勘弁して下さい。
リアルの知り合いとはリアルの付き合いだけで手一杯で、ネットもこまめにチェックしてイイネするなんて無理ですし、そこまでやりたくありません。イヤです。誰かが「Facebookの更新通知は『毎日送りつけられてくる年賀状』」と言っていた。なるほろ。
くぁwせdrftgyふじこlp
本当に不義理で薄情で非常識で失礼極まりないヤツです自分。


11月29日
ひらめきメモ @shh7
嫌われる勇気、と言われてもピンとこなかったけど、「がっかりされる勇気」と言い換えた時、ぞわっとする戦慄をおぼえた。「他人の期待を裏切る勇気」「仲間はずれにされる勇気」「馬鹿にされる勇気」「笑われる勇気」「見捨てられる勇気」など。自分の背筋が一番ゾクゾクする表現をお選びください。

@shh7
ひらめきメモ:ちなみにすべての人に好かれるための努力は、沢山の人を射程に入れているようで実は、ごくごく少数の自分を好きになってくれない人(そして大抵は自分にとってもさして重要ではない人)に嫌われないための努力なので、不毛なことが多い

@shh7
正しいこととか良いことをやろうとすると逆に間違った方向にいっちゃうのだ。正しいからやる。良いことだからやる。そういう行動基準になってしまうから。そうじゃない。やりたいから、やらねばならぬと感じるからやるのであって、それが正しいことかどうかはどうでもいい。


閑話休題
ある日たまたまつけてあったラジオで、登山家の男性を招いたトークがあった。
登山家さんたちが年に一回集まるところで、ある先輩登山家が「今年はあいつとあいつが危ないな」とその登山家に耳打ちすると、果たしてその年に、危ないと言われた登山家たちが帰らぬ人になっていった。

どうしてわかるのか、とその登山家に尋ねると「 」

2016-11-28

[]メモとか

注意 このブログは愚痴とボヤキの捨て所兼備忘録です。
   くれぐれも真面目に読まないでください。
読んで御不快になられた経験をお持ちの方には、これ以上読まれないことをお勧めします。いやお願いだから読まないでくださいよぉぉぉぉぉ(泣) 自分を不快にさせるブログなんて読まなきゃいいだけの話じゃないですかっ

https://mobile.twitter.com/maya_enon/status/802115397126221828
カオナシ恋ダンスの動画。怖すぎて腹筋が痛い。

https://mobile.twitter.com/seijinews12/status/802417418437935104
動画見ながら自分で脳内でアテレコする。わはは。
「アンタなに子ども怖がらせてんのよっ!!」
「悪かったオレが悪かった、悪かったって言ってるだろ、ホントに悪かったってばっ」
「まったくもう…」

◼@0rororeo
前の職場辞める時に燃え尽き症候群なるものに近い状態になりまして。あらっ、これ死んだ方が楽じゃない!?ってなった時にこちらの先生の話を見つけまして。定期的に貼ってんですけど、頑張り屋さんが多いのでみんなへシェアしますぜ旦那。(link: http://www.counselingservice.jp/s/lecture/lec76.html) counselingservice.jp/s/lecture/lec7…

小池一夫‏ @koikekazuo
人の感情は感染するンだよね。ハッピーな人といるとハッピーでやさしい気持ちになるし、性格の歪んだ者を相手にしていると、自分にも感染する。だからね、嫌な人だと思ったら、その感染源から速攻で逃げること。そして、幸せな感情はどンどン感染させて、嫌な感情は人に感染させないように気を付ける。

増田聡 ‏@smasuda 11月29日
「予算がないなら知恵を出せ」「カネがないなら工夫しろ。工夫が足りない」はブラック企業の合言葉だが平気でそう言って恥じない偉い人が多いのはなぜだろう。「すみません…予算が取れなかったんでお知恵をお願いできますでしょうか」くらいソフトに言うならまだしも


◼@silossowski
ニーチェの名言、「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいている」の部分より、「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない」の部分のほうが重要ぽい。


@pon_kin
長谷川豊「「保育園落ちた、日本死ね」さんも同じですね。あれ、テロリストですかね。だって、国家を殺そうとしてるんだし。はっきり言ってるしね。「死ね」って」
どうしてこうも国と個人の距離感がないんだろうな。ソ連が死んでロシア人滅亡したかよ。川の魚は川のために生きてるわけじゃないよ。



くらしフェスタの2日間終わった疲れた疲れた終わった。

-------------------------------------------------------------
◼昔の失敗談

初期の育児応援マップをつくった時、なるべく多くの人に参加してもらいたいと思い、あまりやる気のないxさんも入ってもらった。「できる範囲でいいから」と。

当時は育児マップをストックしておくところがなかったので、在庫を100部くらいずつ、数人に預かってもらった。×さんにも預かってもらった。預かるだけのお役立ちでもよかった。

そして数ヵ月後、現物が売れて在庫を出すことになり、xさんにも預かってもらった100部を持ってきてくれるように言ったが答えは「そんなものは預かってない。」

私は「そんなハズはない」と言ったが、押し問答にしかならないので諦めた。

それから数年後、Xさんから電話が来た。
「引っ越すことになったので押し入れの物を出したら、育児応援マップの山が出てきた。取りに来て」

やっぱりあったじゃないか、ふざけるな××ヤローと思ったが、こういう人に預けた自分の方が悪かったと思って取りに行った。
すでに売る時期を過ぎていたので、廃棄処分するしかなかった。

他人に協力を求めるとか、できる範囲でいいから関わってほしいとか、安易に人をたのみにすべきではないことを学んだ(はず)。

-------------------------------------------------------------

いくら説明しても自分が理解したいようにしか理解しない人は、もしも行政リサイクルを立ち上げてくれたときには、「せっかくKさんが一生懸命やってた仕事を行政にとられちゃったね、残念だね」とか、とんちんかんな言葉をかけてくるだろう。

そんな日が来るのを望んでいる。


f:id:higasi-kurumeda:20161127104110j:image

f:id:higasi-kurumeda:20161127110503j:image

f:id:higasi-kurumeda:20161127104046j:image

f:id:higasi-kurumeda:20161127104020j:image

f:id:higasi-kurumeda:20161127104015j:image

f:id:higasi-kurumeda:20161127103939j:image




本田由紀‏ @hahaguma
(link: http://www.sanspo.com/geino/news/20161128/sot16112819210004-n1.html) sanspo.com/geino/news/201…「何千人もが訴訟を起こせば国の態度も変わるだろうが、一部の例外を除いて、団結して国に対して自分たちの悲劇を重く受け止めるべきだと訴えるような抵抗がなかった」「(旧ソ連時代から)全体主義の長い歴史を持つ私たちと同じ状況だ」
ハフポス
https://t.co/QiVNr9v2c3


世の中、自分とはどうしても「合わない」人間はいる。
それでも人間、挨拶と必要な連絡の伝達ができていれば、それでいいじゃないか。
もっと仲良くしようとか、相互理解を深めようとか、思わなくてもいいじゃないですか。いらだちを深めるばかりでせうに。
ブレーメン5に、来訪者が「あっ、あれは都市では」と思って近づけば近づくほど、そのキラキラが減っていく星があってだな以下略。

2016-11-25

[]市民プラザ(委託先)の××ヤロー


このブログは愚痴とボヤキの捨て所兼備忘録です。

--------------------------------------------------------------------------
〇さん△さんこんにちは
くらしフェスタで売るエコマップですが、ついでに市民プラザにエコマップがいくつ在庫があるかと、昨日問い合わせてみました。

受付の人「エコマック ? なんですかそれは。」
K(自分)「(ハンバーガーかっ)『東久留米のエコマップ』です。受付のところにも見本がおいてあるはずですが」

受付の人「ちょっと待ってください。」と言って受付を確認しに行く。
しばらくして
受付の人「すいません。ないです。あっ、もしかして受付の横の電話機のあるほうでしたか?」
K「いえ、市民プラザの窓口のところに、表紙に見本とか閲覧用とか書いてある冊子がおいてあるはずですが」
受付の人「すいません。ないです。在庫もあるかないかわかりません。そういう引き継ぎはなかったのでわかりません。」

K「わかりました。あとで直接センター長さんとかに聞いてみます」


いやまったくなんなんですかこれは。
私はくらしフェスタの方でいっぱいいっぱいで失念するかもしれないので、メールしておきます。
〇さん、市民プラザのセンター長さんに電話いれてくださいぃぃぃ。

--------------------------------------------------------------------------



↓これが10月の話・・・
×部地域センターにエコマップの在庫がないということを私から聞いた△さんが、追加で15部持っていくと、すでに市民プラザから10部回ってきたとのことでした。

ただ、×部地域センターは最初の管理が甘く(有料ということをあまり意識していなかったそう)、
読んでいたお客さんがそのまま持ち帰ってしまったものもあるそうです。
閲覧用も誰か持ち帰ってしまったそう。

市民プラザでも「閲覧用」を持って行かれてしまったんでしょうか。

追記
--------------------------------------------------------------------------
追伸
本日市民プラザの受け付けに行ったところ、窓口にちゃんと見本(閲覧用)がありました。13冊のこってるとのことでした。あの塩対応はなんだったのか。
--------------------------------------------------------------------------


f:id:higasi-kurumeda:20161125144122j:image

f:id:higasi-kurumeda:20161125144245j:image



想田和弘‏ @KazuhiroSoda
表現の自由は現行憲法でも「公共の福祉」によって制限されている。つまり他人の人権を損なう表現(デマやヘイトスピーチなど)は制限される。しかしこれは自民改憲案の「公益及び公の秩序」とは全く違う。この点を誤解している人が実に多い。詳しくは→(link: http://www.jicl.jp/chuukou/backnumber/09.html) jicl.jp/chuukou/backnu…


--------------------------------------------------------------------------
たられば‏ @tarareba722
問い詰められたり切羽詰まったり、お金がなかったり酔っ払ってたり疲れ果てたり精魂尽き果てたりしている時に、それでも機嫌よさげにニコニコ振る舞えていられるかどうかだけが「大人かどうか」の判断基準だと思っています。
--------------------------------------------------------------------------

難しいす。しくしく。



たとえば。たとえばです。

例えばの話として、搬入用の車として当てにしていた人がいたとする。
しかし都合がつかず、搬入に車が出せなくなったとする。

それはまあしかたがない。誰だって都合がある。
私は「何とかするよ、ははは」と言って電話を切ってから泣く。

しょうがないから自分の自転車で搬入するしかない。はたして私は荷物の一時保管場所と会場を自転車に荷を積んで何往復したらいいのかと頭をかかえている。というときに、車を出せなかった当人が会場準備で私を見かけ、私の背後から「あっ、Kさん、何とかなった?」と声をかけてきたら、もうなんと答えていいのか。

「何ともならねえから困ってんだよっ」と正直に返したら、声をかけてきた方も困るだろう。

だから聞こえないふりしてたんですが‼

(この対応はまずかったとあとで反省した)
(こういう場合は「ノーコメント」と言いましょうね自分)


すると私が気がついてないと思ったらしく、「ねえ、何とかなった? 何とかなった?」とさらに言ってくるのでもう何をか言わんや。



そんなに「何とかなったよ」と言われて安心したいのか。
自分が安心したいがための質問だろう。

気になっていたから聞いてきたんだろうけれど。
それなら「車出せなくてごめんね」と言ってくれたほうがまだ「気にしなくていいよ。ははは。」と返せたんだが。




パトラッシュ…ボクはもう疲れたよ…





たとえば。たとえばです。
飲み会を催すのが好きなAさんがいたとして、酒が苦手で金もないBさんはいつもAさんの飲み会のお誘いを断っているとする。

ある日Bは家族と横浜に出かけ、美味しい中華料理を食べてきた。

それでBは話のついでにAさんに「この前美味しい中華料理を食べてね…」と楽しかった経験を話そうとしたところ、Aさんは言った。

「飲み会には行かないのに中華料理は食べに行くんだね」



こんな塩対応をされたBは「これではAさんに中華料理の美味しさについて語ることはできないし、余計なことは話さない方がいいだろう」と判断し、Aをなんとなく敬遠するようになる。
するとAは










グレアム…… ボクはどうしたらよかったんだ…