スマートフォン用の表示で見る

びわ湖毎日マラソン

スポーツ

びわ湖毎日マラソン

びわこまいにちまらそん

びわ湖毎日マラソンは、日本陸上競技連盟毎日新聞社滋賀県滋賀県教育委員会大津市大津市教育委員会が主催し、滋賀県南部琵琶湖岸を舞台に毎年3月第1日曜日に開催される男子マラソン大会

後援は草津市草津市教育委員会大津市体育協会、スポーツニッポン新聞社

特別協賛はケイ・オプティコム

テレビ・ラジオの中継はNHK

なお、本大会はIAAFが認定するゴールドラベルレースである。

1946年に第1回が開催され、歴史を持つ由緒あるマラソン大会で、「日本最古のマラソン大会」ともいわれる。

毎年、オリンピック世界陸上競技選手権大会アジア競技大会のいずれかの男子代表選考会を兼ねており、代表選考レースの最後に行われる大会として注目が集まる。

過去に何度かコースが変更されており、直近では、2010年に折り返し地点が従来の草津市新浜から大津市大萱に変更されている。

現在のコースは皇子山陸上競技場―柳が崎―瀬田唐橋西詰―石山寺瀬田川洗堰―瀬田唐橋東詰―県立漕艇場―新瀬田浄水場前折り返し―皇子山陸上競技場の42.195km。

最も高低差の大きい30km地点手前の平津峠ですら、その高低差は10mに満たず、一般的には高速コースだとされている。ただし、選手にとって最も苦しい終盤に、比良山系からの向かい風が強くなりがちであり、優勝タイムが2時間8分を切ったのは過去に4回(2001、2003、2004、2011、2012年)しかなく、2時間8分を切ってゴールした選手も延べ8人(うち日本人は、油谷繁と森下由輝の2人のみ)しかいない。

大会記録

2時間06分13秒 ウィルソン・キプサング (ケニア)(第66回大会 2011年3月6日)

参加資格

  1. 当年度の日本陸上競技連盟の登録競技者で、大会当日満19歳以上の男性競技者で、申込期日からさかのぼって一定期間前に、国内外の公認競技会で日本陸上競技連盟の登録者として下記の記録を出した男性競技者。
    1. マラソン:2時間30分00秒以内
    2. ハーフマラソン:1時間10分00秒以内
    3. 30km:1時間40分00秒以内
    4. 20km:1時間05分00秒以内
    5. 10000m:31分00秒以内
  2. 日本陸上競技連盟が推薦する男性競技者。