スマートフォン用の表示で見る

エリザベス女王杯

スポーツ

エリザベス女王杯

えりざべすじょおうはい

日本中央競馬会JRA)が京都競馬場の芝2200mで11月中旬に施行する中央競馬重賞GI)競走。

出走条件はサラブレッド系3歳以上牝馬(国際)(指定)。負担重量は定量(3歳54kg、4歳以上56kg)。 1着賞金は9000万円(2014年)。


前身は1970年から1975年まで施行されていた3歳牝馬限定競走のビクトリアカップ1975年エリザベス女王が来日されたのを記念して、1976年にエリザベス女王杯として創設。京都競馬場の芝2400m(外回り)、負担重量は定量、4歳(現3歳)牝馬限定の混合競走で、牝馬三冠最後のレースだったがクラシックレースには位置付けられていなかった。1984年グレード制施行によりGIに格付け。

1996年、牝馬競走体系の見直により、古馬牝馬に開放して施行距離を芝2200mに短縮、同時に4歳(現3歳)牝馬限定の秋華賞が創設された。1999年より国際競走に指定され、外国調教馬も出走可能となった。2008年からはジャパン・オータムインターナショナルに指定され、一定の成績を持った外国調教馬が3着以内に入れば褒賞金が支払われる。

2006年に春のヴィクトリアマイルGI)が創設されてからは、秋のチャンピオン牝馬決定戦という位置付けとなっている。

府中牝馬ステークスGII)の優勝馬には、本競走への優先出走権が与えられる。他に有力なステップレースとしては京都大賞典GII)、秋華賞GI)などがある。

1995年から中央競馬指定交流競走として、所定の成績を収めた地方競馬所属馬に出走が認められた。京都大賞典府中牝馬ステークス秋華賞の2着以内馬に優先出走権が付与されるほか、指定された外国の国際G1競走(2歳G1を除く)優勝馬、地方競馬指定交流競走のGIJpnI(2歳GIJpnI を除く)優勝馬にも出走資格が与えられる。

歴代優勝馬一覧

回数施行日施行距離優勝馬性齢騎手
第1回1976年11月21日京都 芝2400ディアマンテ牝3松田幸春?
第2回1977年11月20日京都 芝2400インターグロリア牝3福永洋一
第3回1978年11月19日京都 芝2400リードスワロー?牝3武邦彦
第4回1979年11月18日阪神 芝2400ミスカブラヤ牝3岡部幸雄
第5回1980年11月16日京都 芝2400ハギノトップレディ牝3伊藤清章
第6回1981年11月15日京都 芝2400アグネステスコ牝3西浦勝一
第7回1982年11月21日京都 芝2400ビクトリアクラウン牝3嶋田功
第8回1983年11月20日京都 芝2400ロンググレイス牝3河内洋
第9回1984年11月4日京都 芝2400キョウワサンダー?牝3樋口弘?
第10回1985年11月3日京都 芝2400リワードウイング牝3内田国夫?
第11回1986年11月2日京都 芝2400メジロラモーヌ牝3河内洋
第12回1987年11月15日京都 芝2400タレンティドガール牝3蛯沢誠治
第13回1988年11月13日京都 芝2400ミヤマポピー牝3松田幸春?
第14回1989年11月12日京都 芝2400サンドピアリス牝3岸滋彦
第15回1990年11月11日京都 芝2400キョウエイタップ牝3横山典弘
第16回1991年11月10日京都 芝2400リンデンリリー牝3岡潤一郎
第17回1992年11月15日京都 芝2400タケノベルベット牝3藤田伸二
第18回1993年11月14日京都 芝2400ホクトベガ牝3加藤和宏
第19回1994年11月13日京都 芝2400ヒシアマゾン牝3中舘英二
第20回1995年11月12日京都 芝2400サクラキャンドル牝3小島太
以降古馬牝馬に開放
第21回1996年11月10日京都 芝2200ダンスパートナー牝4四位洋文
第22回1997年11月9日京都 芝2200エリモシック牝4的場均
第23回1998年11月15日京都 芝2200メジロドーベル牝4吉田豊
第24回1999年11月14日京都 芝2200メジロドーベル牝5吉田豊
第25回2000年11月12日京都 芝2200ファレノプシス牝5松永幹夫
第26回2001年11月11日京都 芝2200トゥザヴィクトリー牝5武豊
第27回2002年11月10日京都 芝2200ファインモーション牝3武豊
第28回2003年11月16日京都 芝2200アドマイヤグルーヴ牝3武豊
第29回2004年11月14日京都 芝2200アドマイヤグルーヴ牝4武豊
第30回2005年11月13日京都 芝2200スイープトウショウ牝4池添謙一
第31回2006年11月12日京都 芝2200フサイチパンドラ牝3福永祐一
第32回2007年11月11日京都 芝2200ダイワスカーレット牝3安藤勝己
第33回2008年11月16日京都 芝2200リトルアマポーラ牝3クリストフ・ルメール
第34回2009年11月15日京都 芝2200クィーンスプマンテ牝5田中博康
第35回2010年11月14日京都 芝2200スノーフェアリー*1牝3ライアン・ムーア
第36回2011年11月13日京都 芝2200スノーフェアリー牝4ライアン・ムーア
第37回2012年11月11日京都 芝2200レインボーダリア牝5柴田善臣
第38回2013年11月10日京都 芝2200メイショウマンボ牝3武幸四郎
第39回2014年11月16日京都 芝2200ラキシス牝4川田将雅
第40回2015年11月15日京都 芝2200マリアライト牝4蛯名正義


2006年のエリザベス女王杯では、カワカミプリンセスが1位入線を果たしたものの、他馬の進路を妨害したため12着に降着GI競走での1位降着1991年天皇賞(秋)以来2度目。

2007年のエリザベス女王杯では、前日前売り1番人気のウオッカがレース当日に疾病のため出走取消。15億2041万2500円が払い戻された。

2008年のエリザベス女王杯では、3番人気ポルトフィーノが発走直後につまづき騎手が落馬。競走中止したものの空馬として先頭でゴールした。