スマートフォン用の表示で見る

オーロラ

Aurora / Northern Light

日本語では極光


太陽からやってくるプラズマ粒子(電子やイオン)が地球磁気圏に入り込んできて、電離層(上空100-1000km)の大気とぶつかって発光する現象です。このとき、酸素原子は緑色、窒素分子は赤色に光るなど、さまざまな色の光が発せられた結果、美しい色彩を地上で見ることができます。

オーロラが観測されるのは、主にノルウェーアラスカといった緯度の高い地域です。しかし、太陽活動が活発なときには、北海道のような低緯度地方でもぼんやりと光るオーロラを観測することができます。