スマートフォン用の表示で見る

ギリシア神話

一般

ギリシア神話

ぎりしあしんわ

ギリシャ神話とも。

紀元前8世紀の作品とされるホメロスの二大叙事詩イリアス』と『オデュッセイア』、およびこれらとほぼ同時代のヘシオドスの『神統記』『仕事と日々』を嚆矢(こうし)とする、現存の古代ギリシア文学に物語られ、美術に表されて伝えられた神話

古代ローマ神話も、ゼウスユピテル、ヘラをユノアテナミネルバというように、神名をラテン語にかえた程度にすぎず、大部分はギリシア神話の翻案か、再説されたものである。通常はギリシアローマ神話として一括され、ギリシア神話の一部として取り扱われている。

Lycosディクショナリ ポケット百科事典より