クラインガルテン

社会

クラインガルテン

くらいんがるてん

滞在型市民農園市民農園。kleingärten。

概要

農地を賃借し、その付近に設置されたラウベと呼ばれる小屋に滞在し、野菜や果樹、草花を育てることができるシステム。

ドイツが起源で、200年以上の歴史をもつ。このクラインガルテン運動を広めたシュレーバー博士にちなんで「シュレーバーガルテン」とも呼ばれる。

日本語に訳すると「小さな庭」であるが、日本では「市民農園」もしくは「滞在型市民農園」とも言われており、市町村が賃貸借する場合が多い。

特徴

  • 年会費30〜70万円。別途、光熱水費がかかる。
  • 冬季を除いて、1ヶ月に5日程度は滞在しなければならない。
  • 1年単位で最長5〜10年借りることができる。
  • 家庭菜園ガーデニング(約50平方メートル)では、有機栽培もしくは減農薬栽培が求められる。
  • 住民票を移すのは不可。
  • 年に数回の共益作業、農村との交流事業への参加が必須。
  • 小型耕運機は貸与してもらえることが多い。
  • グループでの利用、ペット同伴での利用許諾はまちまち。
クラインガルテン情報局