スマートフォン用の表示で見る

シャガール

アート

シャガール

しゃがーる

Marc Chagall(1887年7月7日 - 1985年3月28日)20世紀のロシア(現・ベラルーシ)出身のフランスの画家。

帝政ロシアヴィテプスク Witebsk, Vitebsk(現ベラルーシヴィツェプスク Vycebsk)という町に生まれた。この町は人口の大部分をユダヤ人が占めているシュテットルで、シャガール自身もユダヤ人である。1907年、当時の首都ペテルブルグの美術学校に入るが、同校のアカデミックな教育に満足しなかったシャガールはやがてレオン・バクスト?の美術学校で学ぶことになる。バクストは当時のロシアバレエ団の衣装デザインなどを担当していた人物である。シャガール1910年パリに赴き、5年間の滞在の後、故郷へ戻る。この最初のパリ時代の作品にはキュビスムの影響が見られる。1915年に結婚。10月革命(1917年)後のロシアでしばらく生活するが、1922年、故郷に見切りをつけ、ベルリンを経由して1923年にはふたたびパリへ戻る。1941年、第二次大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカ亡命した。なお、最初の妻ベラはアメリカで病死した。1947年パリへ戻ったシャガールは、1950年から南仏に永住することを決意し、フランス国籍を取得している。1952年、当時60代のシャガールユダヤ人女性ヴァランティーヌ・ブロツキーと再婚した。1960年、当時のフランス共和国文科大臣でシャガールとも親交のあったアンドレ・マルローはパリ、オペラ座の天井画をシャガールに依頼。これは1964年に完成している。1966年シャガールは17点から連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈した。マルローはこの連作を含むシャガールの作品を展示するための国立美術館の建設を推進し、ニース市が土地を提供する形で1973年、画家の86歳の誕生日にニース市のシャガール美術館が開館した。


リスト::芸術家

isbn:4887830831