スマートフォン用の表示で見る

シュメール人

社会

シュメール人

しゅめーるじん

Sumer

古代メソポタミア文明を作り上げた民族。シュメール語を用いた。

概略

紀元前3300年頃(紀元前33世紀ぐらい)に南部メソポタミアに移住してきたとされる。原住地や民族系統などは不明。先住のウバイド人らと合流、都市文明を発展させた。シュメール*1を記録するために楔形文字*2が用いられ、ためにシュメール語は最古の文字記録を持つ言語となった。

ウルク、キシュ、ウルなどの都市が繁栄を謳歌した。

その後、セム人を率いるサルゴン王が侵攻してきたり*3グティ人が攻めてきたり、ウルナンム王が法典を作ったり*4しつつ、最後はバビロンバビロニア)のハンムラピ王がこの地方を征服して、シュメール人の時代は終わることになる。

*1:これまた系統不明の言語

*2:おそらくはこれもシュメール人が発明したと見られる

*3紀元前24世紀ごろ

*4紀元前22世紀ごろ