スマートフォン用の表示で見る

シンドラーのリスト

映画

シンドラーのリスト

しんどらーのりすと

リスト::外国の映画::題名::さ行

Schindler's List

1993年作品|アメリカ映画|モノクロ|195分

解説

トーマス・キニーリーによる同名ノンフィクションの映画化。

第二次大戦下でのナチスによるユダヤ人虐殺を目の当たりにしたドイツ人実業家オスカーシンドラーは、ユダヤ人救済を乗り出す。

シンドラーの描き方が単なる善人でないのが面白い。元々の原動力は良心ではなく、打算だったのだ。演ずるリーアム・ニーソンも力演で、彼の代表作の1つとなった。でっぷり太ってナチ将校を演じたレイフ・ファインズは儲け役。気晴らしにライフルでユダヤ人を狙撃する場面は、戦慄すべき名場面である。

「映画」ではなく「ドキュメンタリ」にすべく、トラックやクレーンでの移動撮影を放棄し、モノクロ撮影で作品を完成させた映画であるが、「映画」とは何かと考えた場合、その手法はある意味安易であるとも考えられよう。

また、映画の終盤には感傷的な場面を次々と登場させてしまう。その最たるものが、俳優と実際の人物らが共に墓参りするラストのカラー場面で、ここに「ドキュメンタリ」に徹しきれないスピルバーグの限界と、作家としての幼稚さや傲慢が見られるとも言えよう(実際、彼はこの映画を学校での教材に使うよう、発言したのだ)。

ゆえにこの映画は、感動や戦慄など観客の心を揺さぶる技術は確かであるが、作品の完成度との点では傑作ではないかも知れない。が、スピルバーグという1人の作家の心情がよく現われている点でも、非常に興味深い作品でもあるのだ。

重いテーマとアプローチが実を結ぶ「大人」のスピルバーグは、『ミュンヘン』(2005)まで待たなければならない。


アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、美術監督・装置賞、編集賞を受賞

スタッフ