スマートフォン用の表示で見る

スケトウダラ

動植物

スケトウダラ

すけとうだら

学名Theragra chalcogramma

タラ科の魚。地方名タラ,スケソ,ミンタイ,メンタイなど。

マダラやコマイとの違いは、スケトウダラは眼が大きく、下あごが上あごよりも突き出ていること。産卵期は12〜4月で、沖合いの水深70〜250mの中底層で産卵する。雄雌1対1のペアで、雌が下の方で産卵し雄が上の方で浮いてくる卵に精子をかける。稚魚は沿岸近くで生活し、成長とともに沖の中〜下層に移っていくのが特徴。


関連語 リスト::動物 リスト::魚類