スペースハリアー

ゲーム

スペースハリアー

すぺーすはりあー

軽快なBGMにスピード感バリバリのスプライト使用3Dシューティングゲーム

1985年セガアーケードゲームとして発売。「ハングオン」に続くセガ体感ゲーム第2弾。


超能力戦士ハリアーとなり、異世界ドラゴンランドに巣食う怪物たちをキャノンで倒していく。スティックで主人公ハリアーを上下左右へと操作し、スティックのトリガーまたはボタンで弾を撃つ。

発売から20年経ても古くささを感じさせない高センスのグラフィックを駆け抜けるプレイ感は未だに多くのプレイヤーに支持されている。

コンシューマー移植

セガ・マークIII/セガ・マスターシステム
1986年12月21日発売。中裕司がメインプログラマーを担当しており、ハードの性能の差は大きいながらも十分に遊べる完成度となっている。オリジナルの最終ボス「HAYA-OH」が登場する。
Wiiバーチャルコンソールで2008年7月23日から配信されている。
PCエンジン
NECアベニューよりHuCARDで1988年12月9日発売。
ファミリーコンピュータ
タカラより1989年1月6日発売。セガ・マークIII版をベースにしたダウングレード移植。
ゲームギア
1991年12月28日発売。セガ・マークIIIをベースにしたダウングレード移植で、グラフィックは全面的にアレンジされている。
スーパー32X
1994年12月3日発売。それまでのコンシューマー移植とは違い、アーケード版と遜色のない移植度を実現している。
セガサターン版「SEGA AGES Vol.2 スペースハリアー
1996年7月19日発売。アーケード版のほぼ忠実な移植。
ドリームキャスト
シェンムー」に収録。本編内のゲームセンターで遊べるミニゲームの一つ。
PlayStation 2版「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.4 スペースハリアー
2003年9月25日発売。フルポリゴンのリメイク作品。
PlayStation 2版「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.20 スペースハリアーII〜スペースハリアーコンプリートコレクション〜」
2005年10月27日発売。移植はエムツーが担当。
アーケード版「スペースハリアー」、セガ・マークIII版「スペースハリアー」「スペースハリアー3D」、メガドライブ用「スペースハリアーII」を収録。さらにゲームギア版「スペースハリアー」もシークレットタイトルとして収録されている。
PlayStation 3の「PlayStation 2アーカイブス」として2012年11月21日より配信開始。
Wii/バーチャルコンソールアーケード
2009年3月26日配信開始。価格は800Wiiポイント。
Wiiリモコンクラシックコントローラによる従来のコンシューマ版と同様の操作の他、ヌンチャクを操縦桿に見立ててハリアーを動かす操作方法も用意されている。
ニンテンドー3DS版「3D スペースハリアー
ダウンロード専用ソフトとして2012年12月26日配信開始。セガ3D復刻プロジェクトの第1弾で、3D立体視表示に対応した移植作。移植・開発はエムツーが担当。
アーケード版をベースにした移植でありながら、セガ・マークIII版に登場していた最終ボス「HAYA OH」をアーケードスタイルで収録し、様々なオプションが用意されているなど、単なる移植作には留まらない「スペースハリアー」の決定版的な作品となっている。
ワイド画面への切り替えといった画面サイズの変更だけでなく、プレーヤーの動きに合わせてモニタが上下左右に傾くムービング筐体を擬似再現した画面モードや、実際の筐体から鳴っていた様々な音を再現する環境音設定、音響バランスを自分好みに設定できるイコライザー等々の各種設定が可能。操作は、スライドパッド、十字ボタン、タッチ画面操作の3種類に対応。アーケード版では筐体の操縦桿部分が経年劣化や耐久度の問題でプレイヤーの上下の移動範囲が変化していたが、本作では移動範囲を3段階に切り替え可能になっている。その他、連射機能、途中セーブ/ロード機能、リプレイ機能なども備わっている。
2014年12月18日に発売された『セガ3D復刻アーカイブス』にも収録されている。単体で販売されたダウンロード版よりも更に改良が加えられたバージョンとなっている。

PC移植

続編

スペースハリアー3D
1988年2月29日にセガ・マークIII/セガ・マスターシステム用ソフトとして発売された。3Dグラスに対応。
2014年12月18日に発売された『セガ3D復刻アーカイブス』のボーナストラックのひとつとして収録されている。
スペースハリアーII
メガドライブローンチタイトルとして1988年10月29日に発売された。アーケード版から10年後という設定の続編。2006年12月2日からWiiバーチャルコンソールで配信されている。
プラネットハリアー
アーケードゲームとして2000年に登場。使用システム基板はSEGA HIKARU。2人同時プレイが可能。