スマートフォン用の表示で見る

タリバン

社会

タリバン

たりばん

タリバーンとも。本来は「神学生」の意。

内戦に明け暮れる20世紀末のアフガニスタンで結成され*1、急速に勢力を拡大し、最盛期にはアフガン国土の90%以上を支配していた。

一般に厳格なイスラム法に基づく支配を行う抑圧的な政権と見なされていた。

アル・カイダに基地を提供していたことで、9.11テロの後に米軍北部連合の攻撃を受け、事実上崩壊した。

*1パキスタンの影響は無視できないが、面倒なのでこう表記する