スマートフォン用の表示で見る

ティム・クック

アップルApple)社のCEO。本名はティモシー・D・クック(Timothy D. Cook)。

1998年、アップルコンピュータ(現アップル入社。「サプライチェーンの達人」ともいわれ、生産管理などの分野で手腕を発揮した。2005年10月に最高執行責任者(COO)に就任。2009年、当時の同社最高経営責任者CEOスティーブ・ジョブズが病気療養で休業する間、経営を担った。

2011年8月、スティーブ・ジョブズの同社CEO辞任に伴い、ジョブズから次期CEOに指名された。

経歴
1982年オーバーン大学卒業後、デューク大学MBAを取得
・Intelligent Electronics社 COO
IBMパーソナルコンピュータ事業 北米ディレクター
1998年アップルコンピュータ入社
2000年オペレーション担当上級副社長・ワールドワイドセールス担当を兼任
2002年ワールドワイドセールス&オペレーションズ担当エグゼクティブバイスプレジデントに昇格
2005年Appleの最高執行責任者(COO)に就任
2009年ジョブズ肝臓移植手術で病気療養期間にCEOを代行
2011年1月再びジョブズの病気療養期間にCEOを代行
2011年8月正式にAppleCEOに就任