スマートフォン用の表示で見る

テニス

球技の一つ。ネットを挟んで1対1(シングルス)または2対2(ダブルス)で行われる。

黄緑色などのフェルトで覆われたボールを使用する「硬式テニス」が主流であるが、日本ではゴムボールを使用する「ソフトテニス(軟式)*1」も、学校のクラブ活動や授業でよく行われている。

  

硬式テニスのプロ大会では、毎年四大大会と言われる

全豪オープン」、「全仏オープン」、「全英選手権(ウィンブルドン選手権)」、「全米オープン

が行われ、それら全ての大会にに優勝することを「グランドスラム*2」という。

国際団体によるツアーや国別対抗戦もある。

日本で開催される大会には「東レパン・パシフィックテニス(東レパンパシ)」「ジャパンオープンテニス(AIGオープン)」などがある。

 

近年日本選手では、杉山愛浅越しのぶといった女子選手の活躍が目立つ。

また、2004年にウインブルドンで優勝したマリア・シャラポワロシア)も日本で非常に人気の高い選手の一人となっている。


エースをねらえ!」や「テニスの王子様」と言ったテニスを題材にした漫画がアニメ化されるなど、

非常に人気の高いスポーツだが、運動量の多いハードなスポーツのひとつでもある。

サーブ

サーブはセンターマークとサイドラインの間となる、コート外の領域で打たなければならない。

サーブは手でボールを空中にあげ、着地するまでにラケットで打ち、また、サーブは自身の打ったサイドの対角線上のサービスコートにノーバウンドで打ち込まなければならない。

これらの条件を満たさなければサーブ失敗、すなわちフォルトとなる。フォルトは1回目であれば再度やり直し、2回続けてフォルトを犯すとダブルフォルトとなり、相手にポイント。

レシーブ

サーブがサービスコートでワンバウンドしたら打ち返す。これをレシーブと言う。

ノーバウンドやサービスコートに入らなかったサーブを打ち返すとサーブ側のポイントになる。

ストローク

サーブ・レシーブを打ち返した後の攻防をストロークと言う。

4種類ある。

グランドストローク
ワンバウンドしたボールを打つショット。
ボレー
ボールが着地する前に打ち返す。
スマッシュ
高い位置にあるボールを叩きつけるように打つ。
ロブ
相手の頭上を越えるようにボールを打つ。

ストロークの場合はボールがネットなどに当たっても、相手コートの領域内に落ちれば有効。

得点と勝敗決着

  • 0ポイント:ラブ(0:Love)
  • 1ポイント:フィフティーン(15)
  • 2ポイント:サーティ(30)
  • 3ポイント:フォーティー(40)*3
  • 4ポイント:ゲーム

3ポイントで並んだ場合はデュースとなり、連続して2ポイント取った方がゲーム獲得。

6ゲーム(アマチュアでは8ゲームの場合あり)先取した方がセット獲得。5ゲーム(7ゲーム)で並んだ場合はタイブレークまたはアドバンテージ・ゲームとなる。

所定のセット数を獲得した方が勝利。(アマチュアは1セット、プロ女子は3セット、プロ男子は5セット)

*1ソフトテニスは主にダブルスで行われる等、硬式とはかなり性質を異にしている

*2:今日までにグランドスラムを達成したのは男女合わせて5人だけである。

*3:フォーティーファイブ(45)でなくフォーティーなのはフォーティーファイブでは長過ぎる為。