スマートフォン用の表示で見る

トーナメント

一般

トーナメント

とーなめんと

tournament

もともとはヨーロッパ中世の馬上槍試合などが行われた競技会の事。

転じて、各種のスポーツ(に限らないが)の競技大会の意味で用いられる。

単一会場で1日〜数日程度で行うもの(いわゆる日本語の「大会」のイメージに近い物)を指すことが多い。



トーナメント方式

字面から想定される意味は、『競技会において勝者及び順位を決めるシステム』である。

が、実際には日本では「リーグ戦」の対義語として用いられ、勝ち抜き方式(ノックアウト方式)で運営されることを指す語として用いられることが多い。さらに、単に「トーナメント」の語もノックアウト方式の意で用いられていることが多い*1


方式

実際には「トーナメント」の運営方式については、ノックアウト方式の他にもラウンドロビンページシステムスイスドローなどがある。

*1:例えば、広辞苑で「トーナメント」を引くと、『2.競技で、回を重ねるごとに敗者を除外し、最後に残った2者で優勝を決する方式。勝抜き式。→リーグ戦と出ている