スマートフォン用の表示で見る

ドルアーガの塔

ゲーム

ドルアーガの塔

どるあーがのとう

THE TOWER OF DRUAGA

1984年ナムコが製作したアーケードゲーム。ジャンルはアクションRPGデザイナー:遠藤雅伸。音楽:小沢純子(ZUNKO)。後に「バビロニアンキャッスルサーガ」と称されたシリーズの第1弾。

ドルアーガの塔」に幽閉された巫女「カイ」を救うため、「勇者ギル(ギルガメス)」が60階ある塔の頂上を目指す。各階ごとに異なる条件を満たすと宝箱が出現し、これによってギルを少しずつパワーアップさせていく。

当時のアーケードゲームにおいてRPG的な要素を盛り込んだ点はきわめて斬新であった。宝箱を出す方法は時として理不尽ですらあったが、これをめぐってたくさんのコインがつぎこまれた。

1985年に発売されたファミリーコンピュータ版は爆発的なヒットとなり、攻略本ブームの火付け役となった。

現在入手可能な「ドルアーガの塔」

ウィンドウズソフト

Ultra2000 ドルアーガの塔

Ultra2000 ドルアーガの塔

Ultra2000 ドルアーガの塔

ゲームブック

1986年に東京創元社よりこのゲームのゲームブック版(三部作)が発売された。作者:鈴木直人

魔宮の勇者たち (創元推理文庫―ドルアーガの塔)

魔宮の勇者たち (創元推理文庫―ドルアーガの塔)

ドルアーガの塔〈3〉魔界の滅亡 (創元推理文庫)

ドルアーガの塔〈3〉魔界の滅亡 (創元推理文庫)

2000年代に入ってから、創土社より復刊された。その際に多少ゲームバランスなどが変更されている。

悪魔に魅せられし者

悪魔に魅せられし者

魔宮の勇者たち

魔宮の勇者たち

また、ケイブンシャからも「ドルアーガの塔外伝」が発売された。