スマートフォン用の表示で見る

マルキ・ド・サド

読書

マルキ・ド・サド

まるきどさど

Marquis de Sadeフランスの作家。通称マルキ・ド・サド、本名はドナシアン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド(Donatien Alphonse Francois de Sade)。1740年、プロバンス地方の貴族の子としてパリに生まれる。司法官の娘と結婚した後、20代のとき精神異常の徴候が出始め、男色などの罪で入獄。40年近くを監禁されて過ごし、獄中で多くの作品を書き上げる。大革命時にはバスティーユ監獄に収監されており、民衆蜂起のどさくさによって解放された。1803年にシャラントン精神病院に監禁され、1814年に死去。代表作に『閨房哲学isbn:4915841111』、『ソドムの120日(isbn:4791755626)』『美徳の不幸(isbn:4915841014)』『悪徳の栄えisbn:4915841022)』など。

 のちに精神科医クラフト・エビングによって造語された、加虐的な性的志向を指す「サディズム」の語源とされた事もあって不当な評価を受けてきたが、20世紀になってアポリネールによって再評価され、シュールレアリスト実存主義思想に影響を与えた。

 日本では澁澤龍彦によって翻訳・紹介が始まったが、訳書は猥褻文書であるとされ、「サド裁判」が起こった。なお、現在は未知谷水声社から完訳版が刊行されている。