ムード歌謡

音楽

ムード歌謡

むーどかよう

昭和30年代〜昭和40年代に全盛を誇った、歌謡曲の1ジャンル。

曲調からは演歌ともいえず、むしろラテンハワイアンジャズなどの洋楽的要素を取り入れて、大人の雰囲気を漂わせたような作品。例えば、フランク永井石原裕次郎の作品など。

ムード歌謡(むーどかよう)は戦後日本で独自に発達したポピュラー音楽のスタイルのひとつ。広義では歌謡曲に含まれる。コーラスを主体としたものを特にムードコーラスと呼ぶことがある。

歌謡曲ハワイアンジャズラテンなどの要素をふんだんに取り入れムードたっぷりに消化した音楽性は独特の世界観を持ち、歌詞は主にナイトクラブや酒場などのネオン街を舞台とした大人の男女の恋愛を描くことが多い。男性ボーカリストが女性の視点から女言葉で歌う曲が多いのも特徴である。また「銀座」、「赤坂」などの盛り場の地名のほか、「札幌」、「長崎」など地方都市の地名が入ったいわゆる「ご当地ソング」もしばしば見受けられる。

フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』より

ムード歌謡が生演奏で聴ける店 】

六本木 ライブハウス ブルーシャトウYAMASE