スマートフォン用の表示で見る

リーマン・ショック

社会

リーマン・ショック

りーまんしょっく

アメリカの名門証券会社投資銀行でもあるリーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)が2008年9月15日に連邦倒産法第11章の適用連邦裁判所に申請すると発表して事実上破綻したことによる世界の金融市場に与えた衝撃のこと。

日本法人であるリーマン・ブラザーズ証券負債3兆4000億円という戦後2番目の大型破綻となり、国内各金融機関は多額の同社債権・貸付金を保有していたことから、メガバンクを中心に業績の悪化を招いた。

その余波は取引先や投資家*1に及び、消費の低迷もあって大型企業は大幅な赤字を計上。

08年の上場企業倒産数は33社*2と戦後最多となった。

このリーマン・ショックは2010年5月現在ではやや持ち直しつつあるものの

以前厳しい環境の続く業界もあるほか、失業率も極めて悪化している状態にある。

*1:国内機関投資家為替変動による外国人投資家の撤退などが目立ち、日経平均株価の08年11月7日の終値は8583円という近年稀に見る大安値となった。

*2:地価下落に伴ってREIT、マンション分譲を行う新興不動産企業が多く含まれている。