レインボーライン

スポーツ

レインボーライン

れいんぼーらいん

競走馬。馬名意味は虹の道。

3歳時からGI戦線の有力馬として活躍していた。2018年春の天皇賞で悲願のGI勝利を収めたが、1位入線後に鞍上の岩田康誠騎手が異常を感じたため急遽下馬し、ウイニングランは行われなかった。休養先で右前繋部浅屈腱不全断裂と診断され現役続行を断念、今後は優駿スタリオンステーション種牡馬入りする。

レインボーライン

生年月日2013年4月1日
性別
毛色鹿毛
ステイゴールド
レーゲンボーゲン
母の父フレンチデピュティ
生産者ノーザンファーム安平町
馬主三田昌宏
管理調教師浅見秀一栗東
競走成績22戦5勝(2018年6月6日登録抹消)
主な勝ち鞍2016年アーリントンカップGIII
2018年阪神大賞典GII
2018年天皇賞・春GI
備考2016年菊花賞2着