スマートフォン用の表示で見る

ロート製薬

サイエンス

ロート製薬

ろーとせいやく

英文表記:Rohto Pharmaceutical Co., Ltd.

証券コード:4527

大阪市生野区巽西に本社を置く中堅製薬会社

1899年(明治32年)2月22日創業。

2003年9月30日に森下仁丹と業務提携・資本提携を行うことについて合意している。

医療医薬品を扱っていないのが大きな特徴。

大衆向け目薬*1でトップシェアを維持し、他にパンシロンなども販売。

1988年には米国メンソレータム社を買収した。最近ではスキンケアにも積極的に取り組んでいる。

本社ビルの前に鳩が飛ぶCMも有名で初期は実写だったが、現在はCGである。昭和時代〜平成初期にかけてはTBS系の「アップダウンクイズ」「クイズダービー」や関西テレビ系の「三枝の愛ラブ!爆笑クリニック」、日本テレビ系の「底ぬけ脱線ゲーム」など週に何度もオープニングを見ることができたが、現在は関西テレビフジテレビ系「SMAP×SMAP」のオープニングでのみ見ることができる。また、昭和天皇ご逝去とアフガン攻撃の時期はオープニングを自粛したこともある。

Jリーグガンバ大阪のスポンサーでもあり、万博記念競技場のGビジョンでは選手出演のCMが流れる。

なお、社名の「ロート」は目薬の処方の原型を提供したミュンヘン大学のロートムンド博士(wikipedia:en:August von Rothmund, 1830-1906)にちなんだものであり、「漏斗(ろうと)」ではない。


D

*1:代表的なものとして新Vロート