スマートフォン用の表示で見る

悪性リンパ腫

サイエンス

悪性リンパ腫

あくせいりんぱしゅ

白血病や骨髄腫と同じ血液・リンパの癌で、リンパ節や胸腺、扁桃、脾臓などのリンパ組織に腫瘍ができたり、リンパ球ががん化したりする。白血病と異なるところは、リンパ管を通って容易に全身に広がり、特にリンパ節に浸潤し増大させるところである。

腫瘍の組織的な違いから、大きく分けて「ホジキン病(HD)」と「非ホジキンリンパ腫NHL)」に分類することができる。日本人が罹る悪性リンパ腫のほとんどは非ホジキンリンパ腫

原因

遺伝、環境、ウイルス、細菌、放射線など様々な要因があげられているが、原因は定かではない。

症状

リンパ節に腫れが認められるが痛みはなく、全身に広がると体重減少、寝汗、倦怠感、痒みなどがあらわれることもある。

治療

主には悪性リンパ腫の種類と進行度によって化学療法を放射線療法を組み合わせて行われる。

そのほかに造血幹細胞移植をする方法もある。

(参考→癌の放射線療法癌の化学療法


診療科内科・血液内科