スマートフォン用の表示で見る

伊東勤

スポーツ

伊東勤

いとうつとむ

伊東勤は日本の元プロ野球選手(捕手)・指導者、千葉ロッテマリーンズ監督(背番号83)。

1962年8月29日生まれ。熊本県出身。血液型O型

右投右打。

熊本工業高等学校定時制入学後、所沢高等学校定時制)に転校し卒業。所沢高等学校転校と同時に西武球団職員として採用された。

略歴

1982年ドラフト1位で正式に西武に入団。

入団3年目の1984年、正捕手となって以降、西武ライオンズ黄金時代を支え、2000年、捕手として3人目の通算2000試合出場を記録。

他リーグの6球団すべてと日本シリーズで対戦した、唯一の人物である。*1

2002年には選手兼任監督の要請を固辞し、伊原春樹監督の下、総合コーチ兼任選手となった。

西武監督就任1年目は2位に終わるものの、プレーオフ第1ステージで北海道日本ハムファイターズを、第2ステージで福岡ダイエーホークスを下し、逆転でのリーグ優勝を決め、日本シリーズでも、第7戦までもつれた末に中日ドラゴンズを下し、日本一に輝いた。

2007年、26年ぶりのBクラス転落の責任を取り、辞任。

その後はNHK野球解説者、WBC日本代表のコーチを務める。

またマスターズリーグ東京ドリームスの選手としても活躍。

2012年、韓国に渡り斗山ベアーズヘッドコーチ就任

2013年、千葉ロッテマリーンズの監督に就任

応援歌の歌詞「ホームベースは男の砦 矢よりも速い送球で的を刺す」は秀逸であり、人気が高い。

球歴

年度所属チーム背番号備考
1978-1980熊本工業高校-甲子園出場あり。熊本県大会決勝で秋山幸二と対戦。
1981所沢高校-昼は西武球団職員、夜は通学
1982-2003西武ライオンズ27*21981年ドラフト1位
2004-2007西武ライオンズ83球団初の生え抜き監督
2012斗山ベアーズ-ヘッドコーチ
2013-千葉ロッテマリーンズ83球団生え抜き以外の日本人監督は近藤昭仁以来15年ぶり

個人タイトル

タイトル名受賞年度
ベストナイン1985〜1988、1990〜1992、1997〜1998、2002
ゴールデングラブ賞1985〜1988、1990〜1992、1994〜1995、1997〜1998