スマートフォン用の表示で見る

秋山幸二

スポーツ

秋山幸二

あきやまこうじ

80〜00年代のプロ野球選手。

通称「ホームランアーティスト」「ミスターメイ」。

右投右打、ポジションは三塁手外野手背番号は71→24→1番。


1962年4月6日生まれ。熊本県出身。

八代高校時代に熊本県大会で伊東勤と対戦。根本陸夫に素質を見出される。

1981年、ドラフト外西武ライオンズに入団。

入団5年目の1985年三塁手の定位置を獲得。

レフトへの美しい弾道の本塁打を持ち味にして40本を打ち、球界を代表するホームランバッターとなる。

1987年外野手にコンバート。中堅手としてチームを牽引。同年、本塁打王を獲得。

1989年には3割・30本塁打・30盗塁でトリプルスリーを達成。

メジャーに最も近い打者との異名をとる。翌1990年にも30本塁打・50盗塁を達成。

8度のリーグ優勝、6度の日本一に大きく貢献。西武ライオンズ黄金時代を支えた。

清原和博とのAK砲、オレステス・デストラーデを加えたAKD砲を形成。

1991年正力松太郎賞日本シリーズMVPを獲得。

鉄人リスト」と呼ばれる強靭な腕力でレフトへ豪快な打球を飛ばし、

器械体操で培った敏捷な運動神経で、完璧な守備と走塁を見せてファンを魅了した。

鉄壁の守備といい、バック宙でホームインするような身のこなしといい、強打者にして華麗な選手である。


1994年、佐々木誠村田勝喜橋本武広との3対3の世紀のトレードで、

渡辺智男内山智之と共に福岡ダイエーホークスに移籍。

以降、FA権利を一度も使わずにホークス一筋だった。

移籍して連続30本塁打以上の記録は9年で途切れるが、バッティングスタイルを変え、走攻守三拍子そろった中心打者として活躍。

1999年、福岡ダイエーホークスの初代主将となる。

1999・2000年のパ・リーグ優勝に貢献。1999年には日本シリーズMVPとなっている。

2000年8月、北九州市民球場で通算2000本安打を達成。

2002年、惜しまれながら現役を引退。引退試合西武ドーム福岡ドームで行われた。

背番号1番を永久欠番にとの声もあったが、柴原洋が着用。

2003年、RKB毎日放送の野球解説者を務める。


2005年より、福岡ソフトバンクホークスの二軍監督に就任。茨城ゴールデンゴールズとも対戦した。

2007年、一軍総合コーチに昇格。2008年、一軍チーフコーチに名称変更。


2009年、王貞治の後継として福岡ソフトバンクホークスの監督に就任。

2011年、チームを交流戦リーグ戦日本シリーズ完全優勝に導き2度目の正力松太郎賞を受賞*1

2014年、選手、監督それぞれにおいて、チームを日本一に導いたことが評価され、野球殿堂入り(プレーヤー部門)。

同年、ホークス3年ぶりの日本一を花道に監督を勇退

主な記録

本塁打王1回(1987年)、盗塁王1回(1990年)、最多勝利打点2回(1985年1987年)。

正力松太郎賞2回(1991年2011年

ベストナイン8回(1986年〜1993年)、ゴールデングラブ賞11回(1987年〜1996年、1999年)。

オールスター出場18回(1985年〜2002年)*2

通算最多三振記録(2000年)*3

通算2000試合出場、通算2000本安打達成(2000年)

野球殿堂2014年

プロ通算22年

2189試合 7997打数 2157安打 打率.2697 437本塁打 1313打点 1231得点 303盗塁 985四死球 1712三振

*1:選手・監督の両方で受賞

*2:18年連続出場、および18年連続オールスターファン投票選出は日本記録。

*3:現在、清原和博が1位。