森祇晶

森祇晶

(スポーツ)
もりまさあき

プロ野球、読売ジャイアンツの選手。西武ライオンズ・横浜ベイスターズ元監督。
1937年1月9日生まれ。大阪府出身。岐阜県育ち。
通称「古狸」「岐阜の貯金箱」。
右投左打、ポジションは捕手。背番号は27→72→90→81*1
選手時代は森昌彦という名前だったが西武の監督に就任する際に改名し森祗晶となり、のちに現在の森祇晶となった。

森祇晶が横浜ベイスターズの監督に就任し、野村克也が阪神タイガースの監督だった頃には「二人の古狸」とセットで呼ばれることもあった。また、その当時の阪神横浜戦では、双方のチーム事情は良くなかったものの、1992年、1993年の日本シリーズ「ヤクルト西武戦」を彷彿とさせる、知将同士による駆け引きある試合展開でファンを楽しませた。

現在はハワイ在住。日刊スポーツ評論家。

リスト::野球選手

主な経歴

  • 1956年
    • 読売ジャイアンツに入団。正捕手として数多くのライバル選手との競争に打ち勝ち、V9黄金時代を支える。
  • 1974年
    • 長嶋茂雄の影に隠れて現役引退。
  • 1986年〜1994年
    • 西武ライオンズの第3代監督として、管理野球で1986年から88年にリーグ3連覇*2、90年から94年までリーグ5連覇を成し遂げ黄金時代を築く。94年のオフに「勝つのが当たり前になり、観客動員が減ってしまった」という理由で解任。その後、NHKの野球解説者を務めたり、コウジ黒酢のCMに出演などを行う。
  • 2001年〜2002年
    • 権藤博の後を受け、横浜ベイスターズの第4代監督に就任。大矢、権藤ら前任者による自由奔放な球団イメージと、それまでの戦い方によって確立された「マシンガン打線」から一変、森独自の理論による管理野球により、堅実な試合を目指す形となり、佐々木が抜けたクローザーに斎藤隆を、またローズが抜けた4番に鈴木尚典を指名しチーム全体における戦略自体を変えようとした。結局、その年はチームは3位に。しかし、急激な改革により選手との軋轢が生じ、翌2002年のシーズン途中からはファンからも辛らつな言葉を投げかけられるようになり、最下位に確定したことを理由に解任。
  • 2005年
    • 読売ジャイアンツ選手、西武ライオンズ監督時代の功績が認められ、野球殿堂入り。

野球殿堂

  • 2005年 野球殿堂入り

著作

勝つための参謀学 ISBN:4061839756
「勝ち続ける」ために何をすべきか ISBN:4062076136
覇道 ISBN:4583032773
男は不器用でいいじゃないか ISBN:4062640198
森祇晶の知のリーダー学 ISBN:4341171054
責任者の条件 ISBN:4413030656 ISBN:4413091043
「一流になる」ために何をすべきか ISBN:4062086816
監督(藤田元司と共著) ISBN:4334005837
今、リーダーに必要な50の話 ISBN:4062640740
人生、最後に勝てる法則 ISBN:4915872327
監督の条件 決断の法則 ISBN:4062562960
悪役の正論 ISBN:491597782X
ここ一番で腹をくくれるか ISBN:4915872424
捕手的人間の時代 ISBN:4883970108
二勝一敗の人生哲学 ISBN:4062564289
情の野球 知の野球 ISBN:4569612431
「知」のリーダー論 ISBN:4873662303
 
リスト::野球選手

*1:10の位と1の位を足して9になる数字を好んだ。

*2:前任の広岡達朗監督時代を含めると4連覇

ネットの話題: 森祇晶

人気

新着

新着ブログ: 森祇晶