スマートフォン用の表示で見る

伊豆箱根鉄道

地理

伊豆箱根鉄道

いずはこねてつどう

[英文表示] IZUHAKONE RAILWAY CO.,LTD.

伊豆箱根鉄道株式会社は、静岡県三島市に本社を置き、神奈川県静岡県に普通鉄道2路線と鋼索鉄道1路線を有する鉄道会社。「いずっぱこ」「いずはこ」とも呼ばれる。

1916年12月7日設立

伊豆箱根鉄道グループの中核企業であり、西武グループ西武ホールディングス)傘下。

かつては東証2部に1961年10月から上場していたが、株主虚偽記載問題が当時の親会社西武鉄道とともに発生し、2004年12月24日をもって上場廃止に追い込まれた。

事業内容

路線

大雄山線
小田原駅大雄山駅間 9.6km
駿豆線
三島駅修善寺駅間 19.8km
十国鋼索線
十国登り口駅十国峠駅間 0.3km

大雄山線に限りPASMOが利用できる。

廃止された路線

駒ヶ岳鋼索線
駒ヶ岳登り口−駒ヶ岳頂上間 0.7km(2005年9月1日廃止)

直通運転

三島JR東海道線に接続する駿豆線には、JRから特急「踊り子」号の乗り入れがある。特急「踊り子」号を駿豆線内停車駅相互間のみ利用する場合には特急券不要。

同じく小田原JR小田急箱根登山鉄道に接続する大雄山線では他社との直通運転は行われていない。

車両規格・保安設備

駿豆線:20m、3両固定編成

大雄山線:18m、3両固定編成

保安装置:ATS-S

車輌の整備など工場業務は駿豆線・大場で行われるため、大雄山線車輌の大規模な整備の際には小田原三島間で甲種輸送が行われる。

その他事業

1970年から2005年3月末まで、日本初の海上ホテル/レストランとして、クルーズ客船を改装した「スカンジナビア号」を運営していた。

主要株主*1

*1:2013年3月31日現在