スマートフォン用の表示で見る

医療過誤

一般

医療過誤

いりょうかご

医療過誤(英:Medical malpractice)とは、医療における過誤によって患者に被害が発生すること。いわゆる医療ミス医療事故である。

誤手術、誤処置、思わぬ副作用による重度の被害、期待される効果からの逸脱、等がこれにあたる。

この場合、医療行為を行った側は刑事責任(業務上過失致死等)、民事責任(被害者に対する債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償責任等)、行政責任(医事に関する不正行為があった場合、医師の品位を損ねた場合、及び医師に対して刑罰が課された場合の行政処置等)を問われる事になる。

医療過誤に対して訴訟を行う場合、病院の所持する情報の取得を行うための証拠保全は必須のものとなる。こうして取得した資料を読み解き(大抵、協力者として別の医師が必要となるだろう)、その過ちを指摘していく事になる。