お花見 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

動植物

花見

はなみ

(特に桜の)花の下で、花を観賞して楽しみつつ春の訪れを寿ぐ日本独自の慣習。

現代では、大体4月の始め頃、満開の桜の下で飲んだり食べたりする宴会の事を指す。

夜の場合「夜桜見物」と呼び、桜の名所でライトアップされた桜の花を観賞して楽しむ。

桜前線の訪れとともに全国各地で花見が行われるが、北海道沖縄県では花見の習慣はあまり存在しない。

花見の対象となるのはほとんど「桜」であるが、「梅」「桃」「杏」などのファンも存在する。

起源

平安時代の貴族達の間で行われていた「花宴(はなのえん)」が由来と言われている。

花宴は1本の梅を鑑賞しながら歌を詠むという風流な遊びの1種であると伝えられている。

これが後に嵯峨天皇によって、梅の代わりに桜を愛でる花宴を催され、桜が人気を集めるようになり、桜が花見の中心的な存在になっていった。

またこの説とは別に、古代の日本の農村では稲の生育を司る神の存在として桜を崇拝していたことが由来とする説も存在している。

幹事&新入社員は要チェック!花見がもっと楽しくなるポイントは? - はてなニュース

春到来!夜桜や雨の日の撮り方まで、「桜」をキレイに撮影する方法 - はてなニュース