スマートフォン用の表示で見る

寄席

〔「よせせき」「よせば」の略〕落語講談浪曲義太夫手品音曲などの大衆芸能を興行する娯楽場。

江戸に常設の席ができたのは延享四年(1747)で、子供踊り、物真似が中心であった。よせせき。人寄席(ひとよせせき)。

三省堂提供「大辞林 第二版」より


リスト:二文字キーワード