スマートフォン用の表示で見る

栗山英樹

スポーツ

栗山英樹

くりやまひでき

野球評論家・指導者、スポーツ解説者、元プロ野球選手(ヤクルトスワローズ外野手)、タレント(オフィスマリーン所属)

白鴎大学経営学部教授、東京学芸大学講師を務め、学術面での実績もある。私財を投じて、北海道栗山町に「栗の樹ファーム」を設立し、オーナーに就任。

「細かすぎて伝わりにくいものまね選手権」で、テレビ出演時の特徴をものまねされていたが、2011年北海道日本ハムファイターズ3代目監督就任でものまねしている側も注目された。

2012年開幕から、中田翔を四番に据えるというオーダーで批判的な報道も相次いだが、辛抱強く待ち続けた結果、中田自身の復調をはじめ、稲葉篤紀2000本安打等の記録達成、吉川光夫陽岱鋼鵜久森敦志、杉谷拳士ら若手選手の活躍などでチームはAクラスを維持し、交流戦後も1位をキープできた。その甲斐あって、レギュラーシーズン1位でクライマックスシリーズを制し、チームを日本シリーズ出場に導いた。

2013年の日本シリーズ第4戦で、多田野数人加藤健への危険球退場というジャッジについて、柳田球審に猛烈に抗議する一面も見せた。結局指揮官と選手の奮闘むなしく、読売ジャイアンツ日本一の座に輝いた。

当時の投手コーチ・吉井理人との考え方の相違などから、対立もあったのではないかという報道もあり、吉井の今シーズンの退任と共に、梨田体制を支えた真喜志打撃コーチなども退任している。

就任一年目から、不安視する報道をよそに、チームをリーグ優勝に導いたことで、栗山英樹への注目度は高まってきている。

生い立ち・エピソード等

1961年4月26日生まれ、東京都小平市出身、東京学芸大学

略歴

好敵手

好敵手

著書

はるかなる甲子園

はるかなる甲子園

栗山英樹のベースボールアカデミー

栗山英樹のベースボールアカデミー

栗の樹ファーム物語―栗山英樹、野球場をつくる

栗の樹ファーム物語―栗山英樹、野球場をつくる