債務超過

社会

債務超過

さいむちょうか

債務超過とは、債務者負債の総額が、その企業が抱える資産の総額を上回る状態を指す。

ここでの資産とは、資本金法定準備金剰余金などの株主資本の合計額であり、これらの合計額を欠損金が上回ることで、資本勘定がマイナスとなることを債務超過という。

企業のすべての資本が、ほかの個人やほかの企業からの借金でまかなわれていることになり、その企業の財務体質はきわめて危険な状態にある。日本の証券取引所の場合、企業の連結決算が2年連続債務超過になると上場は廃止される。