スマートフォン用の表示で見る

阪和線

地理

阪和線

はんわせん

国鉄JR西日本路線(幹線)。

大阪和歌山を結ぶ路線で、都市間輸送や通勤・通学路線としてはもちろん、関西空港線を介した関西国際空港へのアクセス路線としても機能している。

ラインカラーはオレンジで、路線記号はR。

歴史

1923年
敷設免許交付
1926年
阪和電気鉄道会社設立
1929年
阪和天王寺和泉府中 鳳駅東羽衣駅間開業
1930年
和泉府中−東和歌山(現・和歌山)間開業
1940年
南海鉄道合併され、同社山手線となる。
1944年
戦時国策により国(運輸通信省)に買収され、国有鉄道の阪和線となる。
1987年
国鉄民営化のため、JR阪和線となる。
2013年
阪和線新運行管理システムを導入。
2015年
路線記号を設定。

路線距離

羽衣支線

読み快速乗換
天王寺てんのうじ大阪環状線/大和路線
近鉄南大阪線
大阪市営地下鉄御堂筋線(M23)/谷町線(T27)/阪堺上町線(HK01)
美章園びしょうえん-
南田辺みなみたなべ-
鶴ヶ丘つるがおか-
長居ながい大阪市営地下鉄御堂筋線(M26)
我孫子町あびこちょう-
杉本町?すぎもとちょう-
浅香あさか-
堺市さかいし-
三国ヶ丘みくにがおか南海高野線
百舌鳥もず-
上野芝うえのしば-
津久野つくの-
おおとり東羽衣行き
富木?とのき-
北信太?きたしのだ-
信太山?しのだやま-
和泉府中いずみふちゅう-
久米田くめだ-
下松しもまつ-
東岸和田ひがしきしわだ-
東貝塚?ひがしかいづか-
和泉橋本いずみはしもと-
東佐野?ひがしさの-
熊取?くまとり-
日根野ひねの関西空港線
長滝ながたき-
新家しんげ-
和泉砂川いずみすながわ-
和泉鳥取いずみとっとり-
山中渓やまなかだに-
紀伊きい-
六十谷むそた-
紀伊中ノ島いなかのしま-
和歌山わかやま和歌山市行き/きのくに線/和歌山線
和歌山電鉄貴志川線

運行種別

普通、B快速区間快速直通快速関空快速紀州路快速がある。

直通快速は平日朝の大阪環状線行きのみの運行で大阪環状線直通(大阪環状線各駅停車)、区間快速は主に平日朝ラッシュと日中に運行。関空/紀州路快速は平日朝の大阪方面を除いてほぼ終日運行される。

普通は天王寺〜鳳/日根野での運行が多いが、紀州路快速日根野以南の停車駅が時間帯で変動する関係で朝の天王寺行きや夜間は和歌山発着がある。

使用車両

289系は吹田総合車両所京都支所、それ以外は同日根野支所所属

2016年現在、4扉の205系103系普通列車専用となっており、区間快速以上の種別はすべて3扉で運行されている。

待避駅

鶴ケ丘駅杉本町駅上野芝駅鳳駅和泉府中駅東岸和田駅東貝塚駅熊取駅日根野駅長滝駅和泉砂川駅紀伊駅

上記の駅では、列車を待避して列車の通過待ちや、後続列車の連絡などを行っている。

その中で杉本町駅は通常の待避駅とは違い、通過線には柵が設けられている。また、上野芝は通過用のホームが存在しない為、通過放送は一切流れない。

快速通過駅の鶴ヶ丘・杉本町・上野芝・東貝塚長滝では普通が快速系統や特急などの通過待ちを行ったり、快速停車駅の鳳、和泉府中東岸和田・熊取・日根野和泉砂川紀伊では快速系統が普通・区間快速などの連絡が行われるほか、普通・快速系統の列車が特急の通過待ちを行っており、日中の区間快速東岸和田関空/紀州路快速の待ち合わせと一部列車が特急の通過待ち、関空/紀州路快速和泉府中で一部列車が特急の通過待ちを行っている。

運行管理システム

阪和線は、JR西日本で唯一、放送担当が他線と異なる路線であった。(美章園駅南田辺駅長居駅我孫子町駅杉本町駅上野芝駅津久野駅は除く)2012年3月17日のダイヤ改正で、「危険ですからホームの内側にお下がりください」から、「危ないですから黄色い点字ブロックまでお下がりください」に変更されている。また、運行管理システム更新に伴い、2012年11月頃から阪和線の全駅で、電光掲示板の設置や、スピーカーの取り替え作業が行われた。また、一部の駅では抑止表示器の設置作業も行われた。

阪和線の電光掲示板は、ほとんどの快速通過駅が2段表示式であるが、東貝塚駅長滝駅などの島式ホームと快速停車駅には3段表示式の電光掲示板が設置されている。

2013年9月3日からは、一部の駅で本稼働が開始されており、同年9月中旬までに全駅で本稼働を開始していた。そして同年9月28日から「阪和線 新運行管理システム」に完全移行した。

放送担当はJR京都線JR神戸線などと同様の村山・よしいペアである。