スマートフォン用の表示で見る

三國連太郎

映画

三國連太郎

みくにれんたろう

三國連太郎1923年1月20日 - 2013年4月14日)は、日本の俳優・映画俳優。本名は佐藤政雄。

もともとは悪役俳優として名高かったが、後に「釣りバカ日誌」のスーさんでおなじみとなる。息子は俳優の佐藤浩市

略歴

1923年1月20日、群馬県太田市生まれ。徴兵されて中国で終戦を迎える。

復員後、職を転々とし、1950年松竹大船研究生として映画界へ。1951年『善魔』(木下恵介監督)で俳優デビュー。その時の役名「三國連太郎」を芸名にする。同年、稲垣浩監督の『稲妻草子』でブルーリボン賞新人賞を受賞。

以後『ビルマの竪琴』『大いなる旅路』(1960年ブルーリボン賞主演男優賞受賞)『飢餓海峡』『神々の深き欲望』『復讐するは我にあり』『利休』『息子』など出演作多数、映画賞各賞受賞多数。1987年には『親鸞・白い道』を初監督し(脚本も)、カンヌ映画祭審査員賞を獲得。1984年紫綬褒章1993年に勲四等旭日小綬章を受章。著作も多い。

2013年4月14日、急性心不全のため死去。90歳。