スマートフォン用の表示で見る

新井貴浩

スポーツ

新井貴浩

あらいたかひろ

プロ野球阪神タイガース内野手一塁手三塁手)。背番号25、右投右打。

1977年1月30日生まれ、広島県広島市中区出身、189cm/95kg。

広島工高→駒沢大→広島東洋カープ(1998年ドラフト6位)→阪神タイガース(FA移籍)


2002年に28本のホームランを打ち、2003年の開幕4番に抜擢される。が、大不振に陥り、4番からも降格した。翌2004年も、打点わずか36と低迷する。しかしながら、山本浩二監督は開花を夢見て、守備もよくない新井を辛抱強く起用し続けた。

2005年にやっとその辛抱が実を結び、球団タイの6試合連続本塁打などの記録を経て、7月に4番に返り咲く。この年、43本のホームランを放ってホームラン王に輝いた*1


生涯広島宣言とその結末

2006年は初の100打点を達成。そのオフに、FA権取得まであと1年と迫る中で、カープ愛を謳い「生涯広島宣言」をする。しかし、翌2007年オフに即FA宣言し、ほぼ独占交渉状態で阪神タイガースに移籍。阪神への移籍会見では、涙を流しながら「カープが好きだ」と訴えた。

阪神移籍後

2007年オフは北京オリンピックアジア予選の野球代表チームの4番を務める。

2008年は本塁打8本に終わるも3割を超える高打率阪神のシーズン前半の快進撃を支える。通算1000本安打、200号本塁打も記録する。

しかしシーズン途中で腰椎骨折、さらに北京オリンピック本戦に出場し、後半は不完全燃焼に終わる。

2008年度のゴールデングラブ賞を受賞(一塁手栗原健太一塁手と同時受賞)。

2011年に弟である新井良太中日から移籍し、兄弟で同じチームに在籍する。


リスト::野球選手

*1:ただし、チームの低迷に起因する相手投手の格や、狭い市民球場、そしてこの年まで使用されていたと考えられるラビットボールを考慮する必要があると指摘される。甲子園やナゴヤでは打てていない