Hatena Blog Tags

新書

(読書)
しんしょ

書籍の一ジャンル。また、新書特有の、文庫版よりやや大きな判型を、新書版という。
新刊書とは異なる。

(3)新書とは 小出鐸男

 いくつかの新書の誕生を実例としてみるのに先立ち、まず新書とは何か、その定義をするとともに新書の歩みを概略みておこう。
 わが国の出版界で新書という場合、本の大きさや造本上の体裁を示す言葉であったり、ある特定のシリーズ物の固有名詞であったりとその用法は様々である。事実、わが国の新書の草分けを自他共に認める岩波新書が登場した1938年(昭和13)年以前にもいくつかの新書版の本はあった。しかし、新書という名称がシリーズ物として広く出版界で認知されるようになったのは、第2次大戦後のことである。その定義については数多くの見解があるが、大方のみるところは、

  • カバーや見返しの有無に関係なくペーパーバックスである
  • 判型はB6判より小さい40判(B全判から片面40ページが取れる大きさ)が基本だがその変形もある
  • 初版部数がある程度見込まれる廉価本で、ページ数は200前後
  • 定期かつ継続的に出版できる一般啓蒙書で読みやすさを重視
  • 書下ろしが原則で、対称とする分野は各種の解説・読物から随想まで間口は広い
  • 単発的なベストセラー狙いではなく、どちらかといえばロングセラーを指向

などが条件となっている(*2)。したがって叢書とかブックス、時には文庫と銘打つ新書もいくつかあるし、またその反対に四六判やA5判で新書と銘打ったものも少なくない。そこで本稿では変形を含むB40判で廉価な一般向けの本を新書の定義として考察する。http://www.azumabooks.co.jp/hon3_index.htm

日本では1938年創刊の岩波新書に始まる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

1939年(昭和14年)9月、ノモンハン事件や第二次世界大戦の勃発といった国際的な変動の中で、総力戦を経済面から研究するために、陸軍省軍務局軍事課長の岩畔豪雄大佐が中心となって陸軍省経理局内に研究班が設立された。正式名称は陸軍省戦争経済研究班であり、目立たないように陸軍省主計課別班という名称が使われ、作成した資料のほとんどは陸軍省主計課別班の名前で提出された。岩畔大佐の意を受けて秋丸次朗(1898〜1992)中佐が率いたので秋丸機関とも呼ばれた。

秋丸機関 ウィキペディア フリーな 百科事典 昭和 日中戦争 アメリカ軍 秋丸機関(あきまるきかん)とは、ノモンハン事件後の1939年9月に、総力戦を経済面から研究するために、日本の陸軍省経理局内に設立された研究組織。正式名称は「陸軍省戦争経済研究班」、対外的名称は「陸軍省主計課別班」。 概要 1939年(昭和14年)9月、ノモンハン事件や第二次世界大戦の勃発といった国際的な変動の中で、総力戦を経済面から研究するために、陸軍省軍務局軍事課長の岩畔豪雄大佐が中心となって陸軍省経理局内に研究班が設立された。正式名称は陸軍省戦争経済研究班であり、目立たないように陸軍省主計課別班という名称が使われ、作…