スマートフォン用の表示で見る

新青年

読書

新青年

しんせいねん

江戸川乱歩を始めとし、さまざまな探偵小説家を生み出した雑誌。

版元は博文館

1920年(大正9年)創刊で、戦後の1950年昭和25年)まで続く。

初代編集長は森下雨村

以下、横溝正史延原謙水谷準等が編集長となる。

傑作選

中島河太郎・編『新青年傑作選 怪奇編 ひとりで夜読むな』(角川ホラー文庫,2001改版)ISBN:4041434041

ミステリー文学資料館・編『「新青年」傑作選―幻の探偵雑誌(10)』(光文社文庫,2002)ISBN:4334732828