スマートフォン用の表示で見る

人間万事塞翁が馬

一般

人間万事塞翁が馬

じんかんばんじさいおうがうま

故事成語の1つ。「人間の吉凶や禍福は予想ができない」ことを例えた言葉である。中国前漢武帝の頃に書かれた「淮南子」を典拠とする言葉。

昔、中国の北方の砦近く住んでいた老人(塞翁)の馬が隣国の異民族が住む地域に逃げてしまったが、名馬を連れて帰ってきた。しかし、老人の子がその馬に乗っていて落馬し足を骨折してしまった。だが、そのおかげで隣国との戦乱の際にも兵役をまぬがれて無事であった。

関連語
一喜一憂」「諸行無常