スマートフォン用の表示で見る

西武ドーム

スポーツ

西武ドーム

せいぶどーむ

西武ドームは、埼玉県所沢市に位置し、西武鉄道が設置・所有、西武ライオンズが管理・運用しているドーム野球場である。現在は命名権取得により「メットライフドーム」と呼称されている。

旧・西武ライオンズ球場西武ライオンズ埼玉西武ライオンズのホームスタジアム。

最寄駅は西武球場前駅

諸元

屋根

構造
ステンレスの金属屋根および膜屋根
高さ
64.5m(グランド面から)
直径
223m

人工芝

材質
耐候性ポリエチレン
製法
特殊捲縮加工モノフィラメント
長さ
65mm
充填材
特殊調整珪砂+ゴムチップ

フェンス

構造
強化繊維入り表面シート+軟質ポリウレタンフォーム+サーモプラスティックウレタン
厚さ
標準100mm

収容人数

全体
33,556人(2015年4月現在)

グラウンド

面積
12,631.29平方メートル
両翼
100m
中堅
122m

スコアボード

画面サイズ
縦6.528m×幅49.152m(1,952インチ相当)
画面面積
321 平方メートル
発光方式
R.PG.BフルカラーLED方式
表示色
フルカラー
視認角度
水平度65゜ 上25゜ 下30゜

照明

方式
高演色性メタルハライドランプ・高効率メタルハライドランプ
照度
バッテリー間2,500LX、内野:2,000LX、外野1,500LX

付属施設

西武第二球場、屋内練習

沿革

1998年、屋根の一部が完成。「西武ドーム」に名称を変更。

1999年、屋根が完成すると同時に、外野席部分が天然芝から人工芝に変わり現在に至る。

2005年、インボイス命名権ネーミングライツ)を売却。「インボイスSEIBUドーム」に名称変更。2006年を以って契約満了。

2007年、新たな命名権売却先がグッドウィル・グループとなり、「グッドウィルドーム」となる。

2008年、「西武ドーム」に名称を戻す。

2015年プリンスホテル*1命名権を売却し、西武プリンスドームとなる。

2017年メットライフ生命保険が施設命名権を取得し、名称が「メットライフドーム」となる。

問題点

  • 完全なドーム球場ではないため、気候の影響を受けやすい。夏は蒸し暑く、春と秋は肌寒い。
  • 一塁側と三塁側の直接の移動が不可。(バックスクリーン裏から可能。バックネット裏からは不可。)
  • 外野から内野にかけて上り坂になっているため、移動が不便である。
西武ドーム
目次