スマートフォン用の表示で見る

西部戦線異状なし

映画

西部戦線異状なし

せいぶせんせんいじょうなし

第一次世界大戦西部戦線に投入されたドイツ軍志願兵のパウル・ボイメルが戦争の恐怖、苦悩、虚しさを味わい、戦死するまでの物語。


題名は、パウル・ボイメルが戦死した1918年10月のある日の司令部報告「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」に由来している。作品では、激しい戦闘、戦友の死、帰郷、負傷といった様々なエピソードを時系列が明確でない形で述べられている。