スマートフォン用の表示で見る

税金

社会

税金

ぜいきん

国が、公共サービスを提供するための資金調達を目的として、私人から徴収するお金。正確には「租税」と呼ぶ。

日本国民には納税の義務がある(日本国憲法第30条)。日本の国税庁Webサイト内の「税の学習コーナー」において「会費のようなもの」と説明している。

つまり税金は、みんなで社会を支えるための「会費」といえるでしょう。

指定されたページを表示できませんでした

租税には、公共サービス提供のための資金確保という機能の他に、所得の再分配、景気の調整、経済への阻害効果などの機能があると考えられている。