石川数正

読書

石川数正

いしかわかずまさ

生年不詳〜1593年

戦国武将。徳川家臣。伯耆守。信濃松本藩祖。

徳川氏(松平氏)の譜代家臣。数正自身も家康に早くから仕え、酒井忠次と並ぶ重臣として活躍。西三河衆の旗頭となる。織田氏、羽柴氏などとの外交交渉にもあたり、領国外の情勢にも詳しかったとされる。小牧・長久手の戦いの和睦などに尽力。

1585年、突如として出奔し、豊臣方に加わっている。これは一大事であり、家康はこれを機に家中の軍法を甲州流にすべて改めたともされる。

1586年に秀吉より和泉で8万石を与えられ、九州征伐・小田原征伐などに従軍。1590年には信濃松本10万石へと移封されている。