相模鉄道

地理

相模鉄道

さがみてつどう

神奈川県内に3路線(うち1路線は貨物線)を有する大手私鉄相鉄グループ相鉄ホールディングス傘下の中核企業。

英文表記:SAGAMI RAILWAY Co., Ltd.

元々は現在のJR相模線茅ヶ崎−橋本)を有する会社だったが、1943年に神中鉄道厚木横浜)を合併した翌年、茅ヶ崎−橋本が国有化された。

以前は「準大手私鉄」だったが、1990年に「大手私鉄」の仲間入りを果たした。関東の大手私鉄で唯一東京都内に乗り入れていない。

会社創立90周年を迎える2007には前年のCI導入に伴い、新7000系、8000系、9000系、10000系の車体塗装を新グループカラーの「相鉄ブルー」と「相鉄オレンジ」へ統一することが決まり、同年4月から新塗装編成の導入が始まった(2010年度末までに全編成完了予定)。無印の7000系は対象外。これは後述の都心直通プロジェクトの一環でもある。

2009年9月16日、吸収分割により相鉄ホールディングス鉄道事業をおこなう相模鉄道に分社化を実施。

都心直通プロジェクト

2004年に相鉄線JRとの相互直通運転計画(相鉄JR直通線)が発表され、2006年には新横浜駅を経由する東急との相互直通運転計画(相鉄東急直通線)も発表された。2つ合わせて「神奈川東部方面線」を形成するものだが、共に東京の都心を目指すものでもあるので、相鉄では「都心直通プロジェクト」としている。2つの計画では西谷駅から羽沢駅(現JR貨物線駅)までトンネルを設け接続、横浜駅は経由しない。JR直通線は2015年東急直通線は2019年の開業予定である。これに関連して相鉄本線全区間(海老名駅〜横浜駅)における「特急運転」の導入も検討されている。

2011年3月現在の情報

路線

本線(相鉄本線
横浜海老名 24.6km
いずみ野線
二俣川湘南台 11.3km
厚木
(貨物線*1相模国分厚木
航空隊線
(貨物線*2相模大塚厚木基地

PASMO

首都圏の共通乗車カードシステム「パスネット *3」に参加していたので、後継の「PASMO」にも参加している。

一般車両

現役

過去

  • 相鉄6000系 (旧6000系と新6000系と呼ばれる系列がある)
  • 相鉄5000系?
  • 相鉄3000系?
  • 相鉄2100系?
  • 相鉄2000系? (一部をモニ2000形や2100系に改造した)
  • 相鉄1000系?

*1:現在は貨物輸送はしていない

*2:現在は休止

*3相模鉄道の発行するパスネット対応カードは「SFぽけっとカード」といった。