スマートフォン用の表示で見る

椎間板ヘルニア

サイエンス

椎間板ヘルニア

ついかんばんへるにあ

頚椎から腰椎にかけての骨間にある椎間板がはみ出している状態。

主に、運動不足・老化による腹筋背筋の衰えが原因で背骨を支えられなくなることで発症し、逆に激しい運動で引き起こされることもある。

ヘルニアの状態だけでは痛みは無いが、飛び出した椎間板が神経に触れると痺れや麻痺を引き起こし、酷い場合は激痛により身動きが取れなくなる。

以前は切開術による治療が主だったため、時間もリスクもかかり最悪半身不随も起こり得たが、現在はレーザー内視鏡術など医療技術も進歩し、日帰りで治療が終わる様になっている。